音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Time After Time



スタジオ・ワン製作のアルバム「Melody Life」がジャマイカ音楽ファン以外にも
永年愛好されているシンガー、マーナ・へェグゥ(Myrna Hague)

彼女はレゲエ業界出身ではないですが、ジャマイカの音楽業界の名士
といってよい人物で今も存命中です。
トランぺッターとしても有名な、1940年代からビッグ・バンドのリーダーとして
ジャマイカ音楽界の為に多大な尽力をした故ソニー・ブラッドショウさんの奥さん。
(1995年に結婚)
1977年から6年間はジャマイカ・フェデレイション・オブ・ミュージシャン
の秘書を務めていました。
私はジャマイカで仕事をするためのワーキング・パーミットを取得するために
この連盟にレターを書いてもらった思い出があります。
UCC・コーヒー(ブルー・マウンテンに農場経営)、三井物産、トヨタ、トーメン等には、
ミニストリー・オブ・ジャスティスはサラッとパーミット出す癖に
私はどこの馬の骨かわからない日本人だったせいか、
パーミットが申請から4か月以上の時間を経ても
中々認められず苦肉の策でマイアミへ出て日帰りとかしてしてたんですよね。
でも、ここのレターを出したら速攻、労働許可証が出て驚きました。
私の後にジャマイカでレコード買い付け始めた人はみんなこの手を使ったでしょう。
ある意味、オレはこの手法で許可証ゲットしたパイオニアだな(笑)
ただ、申請後、遅々として進まなかったのは私だけではなかったようで。
大企業の社員以外はみんな苦戦。
他の業界で働いていた英語ペラペラの私の先輩はあんまり遅いので文句言いに行ったら
「あ、パーミット出てたよ。でも受取の期限過ぎているのでもう一回申請して」と言われ
許可出てたのに連絡してこない、しないそっちが悪いだろ(もっともです)
といって激怒したが、すったもんだの末に結局もう一回申請するほかなく・・・
ジャマイカならでは、と言って今では笑い話ですけどね。
ジャメイカ・ノー・プロブレム笑





彼女はシンガーとしての経歴も独特。
バフ・ベイ生まれで父は教師一家、母はドレス・メイカーとしてブティックを経営。
その店があったオーチョ・リオスのメジャー・ホテルのほとんどは母親のデザインした
ユニフォームを採用していたそうです。
その後、その母親と1956年(彼女は当時10歳)にイングランドに移り住み、
ノース・ロンドン・カレッジに入学。
イングランドでは、当時唯一黒人モデルが在籍していたエージェンシーに入り、モデルも経験。
並行して歌手としての活動もスタートさせたんですね。

インタヴューで、ティーンネイジャー時代を振り返り
「イングランドのブルー・ビート・ダンスには友達と行っていた。
とても楽しかったが、私はリズム・アンド・ブルースの歌手になろうとは思わなかった。
そのころから、ジャズ・シンガーになろうと心に決めていた」
「サラ・ヴォーン、ダイナ・ワシントン、エラ、サミー・デイヴィス・ジュニアがイングランドに
公演に来た際にはポケット・マネーで一番安い席をかって聴きに行った。
母とナット・キング・コールを聴きにに行ったこともある。
同級生の友達はブルー・ビート・ダンスの方が好きだったので、
その手のライヴには全然興味なかったから」と言っています。

なにしろ、当時のこの人のアーティスティック・アイドルで、ファッション・アイドルは
レナ・ホーン!!
インナー・シティ出身のジャマイカ人には滅多にいないタイプですよね。
(前述のように、彼女はイナー・シティ出身ではありませんが)

そんなイングランドで暮らしていた彼女がスタジオ・ワンでレコーディングした話、
その後の話は次回にアップする予定です。







【 2017/09/20 17:02 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

スティールパンの惑星




steel_convert_20170915093240.png



9月23日から、UPLINKで上映スタートの映画

「スティールパンの惑星」

トリニダード・トバゴのパンにフォーカスしたドキュメンタリー。

上映館拡大を期待します。






【 2017/09/15 09:24 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Stop That Train



リン・テイトのトレイン・ウィッスルを模したギター・ループがたまらない
キース&テックスの名曲「Stop That Train」

その元ネタというか、オリジナルのスカ・テイクが
3年ほど前にドラム&ベイス・レコードから再発されています。

このシングルは、1965年にイングランドの"Blue Beat"レーベルから発売されただけで
おそらくジャマイカ盤はリリースされていない。

アーティストのクレジットは、”スパニッシュ・タウン・スカビーツ”
(トロージャンのコンピではスパニッシュト二アンズ)
になっていますが、実際はウインストン・ジョーンズ&トネッツのようです。



スパニッシュ・タウン出身のシンシアとマーリーン・ウエバー姉妹のトネッツ(トネッターズ、
後のウエバー・シスターズ)はスタジオ・ワンで1962,3年ころから録音を開始していますが、
その後に近所のウインストン・ジョーンズが合流、三人組に。
そして、1964年にプリンス・バスターのとこで録音したのが、この「Stop That Train」。
発売は1965年、UK "Blue Beat"からですが、前述のように
クレジットはウインストン&トネッツにはなっていません。

(ちなみに、「Rudie Gets Plenty」を歌ったスパニッシュト二アンズのメンバーは
ケンロイ・フィフェ、イズ・レコ、ボイシィー・グラント。当時イングランドで
”ランチャーズ”という名前でも活動していた三人。ロイ・オービソン、ジャマイカ出身の
サックス奏者、ジョニー・ホープと全英ツアーも行ったグループです。
ミリー・スモールがバカあたりする前から"Blue Beat"でシングルを出していました。
一方、ウインストンとトネッツは1978年に姉妹がカナダに行くまでは在ジャマイカです)

ウインストン・ジョーンズ氏の談(大意)では
「あの曲は、バスターの為に私が書いて、トネッターズと共にレコーディングした。
スパニッシュト二アンズとは同じスタジオだったが一緒にレコーディングなどしていない。
それなのに、バスターは、クレジットをウインストン&トネッターズではなく
なぜかスパニッシュト二アンズにしたんだ。
("Blue Beat"盤のクレジットはスパニッシュ・タウン・スカビーツですが、
まあウインストンさんの話が本当ならミス・クレジットには違いない。
前述のスパニッシュト二アンズのメンバーも「Stop That Train」はレコーディングしてない
と話しています)レコード売る段になったらジャマイカのプロデューサーがよくやることだ。
私たちはイングランドやアメリカに行くことがなかったから、実際海外で自分の歌が
違う名前のクレジットで売られて金作ってるなんて知るよしもなかったさ。
海外に行ってレコード見て、聞いて初めてどんなことになってたのか知るんだよ。
とにかく、あの曲は私が書いたものだが、クレジットは私じゃなかった。
私が「Stop That Train」でいくら稼いだか話したら、君は泣きたくなるぜ。
ナッシング。ゼロだ」







【 2017/09/06 22:46 】

reggae  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

Rock The Joint Boogie



東日本は長い梅雨のような日々が続いてますが、
そんなスッキリしない天気を吹っ飛ばす
1950年代のサウンド・システム・クラシック。
最高のピアノ・ブギ。










【 2017/08/21 17:34 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

In This Corner Of The World



昨年11月からロングラン上映中で、
8月になってからまた上映館が増えている「この世界の片隅に」
今年になって世界各国でも上映されています。

2009年に出た原作全3巻がなにしろ素晴らしかったので、封切時に私も観ました。
思えば映画館でのアニメは、子供のころに「ナイル殺人事件」と二本立てだった
「ルパン対マモー(複製人間)」を観て以来。

in_this_4_convert_20170806121530.jpg

この映画に関しては、各媒体、メディアで語りつくされている感もありますので
そちらをご覧いただければと思います。
とても詳細な解説が仰山あります。

私的には傑作の一言でおさめたいところですが
一寸だけ感想を。
この主人公は、夢見がちというか、
かなりボーっとしていることはしているんですが、
一方で、いや、だからこそかな、
子供のころの墓参りのシーンでは一人歩みを緩めて海のほうを観たりして
ある種ゆったりした、セカセカしていない性分でもある。
なので、「戦争中でも蝶は飛ぶ」のが見えるんですよね。
視野が狭くなったり観念的に考えたりしがちであろう戦時下、状況でも、
彼女は目の前の現実を正常に認識しているところもあります。
多くの人が気にしなかったり、目に入らなかったりする事象
でも確かにそこにあるものが認識できている。だから、絵が上手いんですよね。
(そうでなくなる時も劇中にありますが)

戦争中、「非常時」という言葉でもって、実際に脱線したのは軍部と右翼とその取り巻きだけ
一般の人たちの多くはそんな言葉に振り回されたりはしなかった、という
戦中を生きた人の発言を読んだことがありますが、
この映画は正にその様子を隅々にたたえています。

「過去だけれど、そこにあったその時の現実。それを正常に認識する」ということが
この映画全体のキー・ポイントにもなっているんじゃないでしょうか。

原作も当時の暮らし、出来事の日時などを細かく調べ書き上げられたものですが
本映画は、監督が史実を更に徹底的に調べ上げてつくられたものです。

高射砲の弾幕、というか、その墳煙は色とりどり。

爆弾の衝撃で海に浮いてきた魚。
それが食卓にあがる。

B29が飛ぶ空は、澄み渡るように青い。




爆撃するための飛行機が飛んでいるからといって
空が俄かに曇ったり、荒れ狂ったりはしない。当たり前です。
この映画のその美しい空の青さを観て、
私は東日本大震災の当日夜の仙台の空が頭に浮かびました。
(戦争と自然災害は全く違うものですが)

以前、ジャマイカで生活していた時に田舎の山中で見たキラキラと
それはそれは沢山の星が瞬く美しい夜空に見とれた経験があるのですが
あの日の仙台の夜空もそれと遜色のない星空。
驚くとともに、こんな時に今まで見たことのないような満天の星空か、と
そぼ降る雪も相まって、少しゾッとするような感じを受けました。
同じように、あの日に夜空を見た人の中には、それを啓示的に
とらえた人もいたようです。
無理もない。


ただ、語弊があるかもしれませんが
あれは電気、ガスが宮城県内全域で完全にストップしていて
夜になってから車も緊急車両以外は全く走らない、
出歩く人もいない、という状況が生んだものだと思います。
日本の各所にある、人が住んでいない山奥に行けば、
あのような夜空は晴れていれば当たり前なように・・・




漫画原作の映画は、「原作読んでから映画を観たほうが良いのか」、
「読まないで観た方が良いのか」、「観てから原作よんだほうがいいのか」、
「原作読んでほしいから、映画を造ったのか」
という根本的なというか、構造的なアレが、ありますが
この映画の場合は監督自らが「原作読んでほしいので映画化した」
ということを明言しております。
私は、原作読み込んでから、映画を観ることおススメします。
が、映画冒頭部分
原作では描かれていない窓ガラスに映り込む人々と風景はホセ・ルイス・ゲリンを、
青い空と白い雲は「プレイタイム」を思い出させ、その端正な映像に引き込まれて
この時点で涙腺がやばくなッた人続出のようです。
悲しい場面ではないんだけどね。
また、音響面もたいへん緻密な映画なので、未見の方は是非映画館でどうぞ。







【 2017/08/06 12:09 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |