音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Bennison Joy Hop


1950年代からキャリアをスタートさせたジャマイカの鍵盤奏者で
数多のバンドも率いたセシル・ロイド。


彼が十代のころは観光客向けホテル・バンド活動がメインだったようですが、
そのホテルの経営に関わっていたアメリカ人に見初められて
1958年にはアメリカ録音のアルバムを "20th Fox "からリリース。
そのレコーディングではアメリカのベイシスト、ロイド・トラットマン
(スキャタライツがカヴァーした1959年のサウンド・システム・クラシック「Trottin' In」の作者)
らと共演。

セシル氏は、牧師の息子だったので、幼少期から教会のオルガンを弾きまくっていたそう。
また、過去のグリーナー紙やジャマイカ音楽の書籍には
NYのクラシック音楽の名門、ジュリアード卒という記述がありますが、
前述のアルバム解説文には、お母さんがジュリアード音楽院で勉強していた人だとあり
どっちが本当か、またはどっちも本当かはわかりません。
少なくとも母親がジュリアードに通っていたのは確かでしょう。
音楽的には恵まれた環境で育ったことがうかがえます。
(ちなみに当時のジュリアードにジャズ科はありません)

その後も、自らのトリオなどでジャズ・アルバムを録音。
それら1960年代のジャマイカ盤ジャズ・アルバムはレアーなこともあいまって
マニアには大変人気があります。
が、この人は良い意味でなんでもござれ(でないと、ホテルのバンドは務まらない)。
ジャマイカ音楽マニアがいだきがちな「ジャマイカ・ジャズの偉人」という
パブリック・イメージが全くの間違いとは言いませんけれども、
そのキャリアを俯瞰するとイージー・リスニング調から、エレガントなクバ、ラテン・ラウンジ、
はたまた、リズム&ブルースのインストゥルメンタルまでと演奏の範囲はとても幅広い。

勿論、1960年代前半にかけては、コクソンらとジャズ系以外の仕事もしており、
特にプレ・スカ期のジャマイカン・シャッフル時代には、ピアノ演奏だけでなく
サウンド・システム向けにビル・ドゲット風のファンキーなオルガン・プレイも披露。
カッコイーです。

そんな中から、1曲。
プリンス・バスターのサウンド、ヴォイス・オブ・ザ・ピープル・クラシック!
バスター自身のプロデュースで "Wirl "レーベルからリリースされた
セシル・ロイド&バスターズ・オールスターズ 「Bennison Joy Hop」








【 2017/08/01 14:19 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Majesty



クロニクス、初のフル・アルバム「Chronology」。

全編良いですが、特に5曲目から12曲目の出来が出色。
キングストンのダンスで爆発するような曲よりも、
世界市場に目を向けたと思しきタイプの楽曲が多いです。
良くも悪くも。

オールド・スクーラーにおススメは昨年発表された「Majestie」か?
スタジオ・ワン製作、オーティス・ゲイルがスピナーズをカヴァーした「I'll Be Around」、
ジョニー・オズボーン「We Need Love」、F・P 「Caroline」と同じトラックを使用。








【 2017/07/18 16:00 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Ice Water


「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの新作公開なんですね。
個人的には三作目で終了してれば、綺麗だったと思うのですが・・・
しかも、第4作以降、かなり間が空いたのでこのまま終了、と思いきや
ドル箱シリーズだけにやめるにやめられず、「もう一本だけ、これで最後」と
いった感じなんでしょうか。(でも、観に行きますよ)

ともあれ、ジャック・スパロウ復活ってことで1曲。
こちら、ジャマイカのジャック・スパロウ。
後にエチオピアンズを結成したレナード・ディロン、スキャ時代のソロ。
バック・コーラスはウェイラーズです。










【 2017/07/02 14:56 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Love It



アルカライン「12 PM」 でボスした在キングストン日本人、
マリエ、ガチャのプロダクション "Medz Music " が
ヴァイブズ・カーテルのX-Rated、超クールなサウンドの 「Love It」をリリース!

三月末から配信開始されていて、各方面絶賛です。
いいですよ!!






【 2017/04/09 15:17 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Rock Steady


listening_to_rock_steady_convert_20170402172815.jpg



「 Listening To Rock Steady 」

珠玉のロック・ステディ・セレクション。

販売元のサイトでは、3月8日の発売日に全セットが即完売。

他の販売店に店頭在庫があれば、入手可能だと思われます。
探してみてください。





【 2017/04/02 19:34 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Man To Man

千代田区永田町のあたりが、ますます騒々しくなっていますが

BGMは、ウエイラーズのこの曲がピッタリですかね?


「 Your worst enemy could be your best friend,
And your best friend your worse enemy.」


「 Only your friend know your secrets,
So only he could reveal it」


「Some will hate you, pretend they love you now,
Then behind they try to eliminate you」















【 2017/03/26 15:44 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Pressing Matter

ジャマイカのレコード・プレスを取り上げたショート・フィルム。

チナ・スミスさん、お父さんがサウンドやっていたんですね。
当時、78回転SP盤で家の床がいっぱいだったと話す下りで(1950年代ですね)
口ずさんでいるのはサウンドシステム・クラシック、フランキー・フォード 「Sea Cruize」
まわりにいるのはフリーダム・サウンズ、ルーツ・トラディション・レーベル関係のエルダー。
昔、よくタフ・ゴングで会いました。

長らくレコードのプレスがストップしていたジャマイカですが
タフ・ゴングがプレスを再開するそうです。
フル・メンテナンスが必要ないセミ・オートマティックのプレス機が主流だったジャマイカ。
なので、昔の機械そのまま使うんでしょう。
ダイナミック・サウンズにも復活してほしいです。








【 2017/01/29 17:55 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Covers

これには、ぶったまげました!

是非ご覧ください。

(BGMは、私がシスコ時代に再発した「Brixton Cat」です。なつかし~)

「Retrace Reggae Record Sleeves In London」









【 2017/01/19 15:32 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |