音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

A Few Dollaws More

Sadeが「Soldier Of love」を作るにあたって、
多大にインスパイアされたのは
どうやらこのあたりの”スパゲッティ ウエスタン”のようですよね。
(彼女のインタヴューを読んでの個人的感想です。)
彼女は子供だった時期に西部劇が大好きでたくさん観たそうです。


「For A Few Dollars More」

でもって、
これまた個人的な推測に過ぎませんが・・・
本人は語ってませんけど、"スパゲティ ウエスタン”と共にサウンド的に影響を受けたのは 
ダミアンの「The Mission」などのダンスホールだと思いますよ。

わかる人には、わかるよね。

音楽誌でこの曲「Soldier Of Love」を「"Hip Hop"系のサウンド」なんて言っていますが、
それは一寸違うんじゃないでしょうか。





おまけ
全然関係ないんですけど&以前にも書きましたが
アップセッターズの曲ではこの曲が一番好きかも

「A Few Dollars More」

【 2010/02/27 17:18 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

West Side Story

本日、
みなさんはフィギュア スケートで盛り上がったんでしょうね。
(音楽マニア界隈ではエリカ バドュゥ嬢とポールのマッカートニーさんの件
がゴッツイ話題だったと思いますが。)

で、スケート
アッシ、リアルタイムでは見れなかったんですが、
ガーシュインをバックにしての演技は勿論良かったけど
”ウエストサイド ストーリー”には魅せられました。
気持ちが前を向いていているのが伝わってきましたよね。
とても自然体だったし。
ホント素晴らしかったな。

なので、これを。(Twitterで見つけました。)
かなり痛快です。
生で聞けたらすごく楽しかっただろうね。
みんな楽しそうだもんなあー。
必見っす。

http://bit.ly/8JWnTS

【 2010/02/26 20:56 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Love Is The Drug

ところで、唐突ですが・・
東京事変の「能動的三分間」を聞いたら、こっちも聞きたくなるよな。

クールです。
「Love Is The Drug」



自分はロキシーのアルバム全部持っているけど、
一般の方はファースト(抜群です!ナチュラル ボーンな、
もしくは偶発的に生まれた超傑作、快作だと思います。)とセカンド アルバム、
そしてこの曲「Love Is The Drug」さえ押さえとけば充分かもw
(”音”的には”アバロン”も最高だし、他のも面白いのでオレは好きですが。)

【 2010/02/25 22:13 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

勝ち戦

ここ三週間、公私ともに
バタバタと忙しかったなー。(やっと今日でそれも落ち着いたけど。)

なんで、すんません、まだ聞いてません。
明日買いに行きます。

71WWa2YSQwL_convert_20100225203536.jpg



【 2010/02/25 20:34 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

The Vow

ジャマイカのヴィンテージ セレクターにとって
この曲はド定番ではないでしょうかね。

ジーン アンド ユーニス 「The Vow」
Image226_convert_20100223213123.jpg

写真はジャマイカ白盤。
オリジナルは、米"Aladdin"から出ています。

しかし、
ジャマイカのジイチャン、バアチャンはこういうスローで甘ーい曲がホント好きですよね。

作られた年代や国もサウンドも違うけれども
先日紹介した「Asking For Love」と相通じるのは
”ある種の良い塩梅の軽さ”があるという点だと思います。
そういうディープ過ぎないバラード系&ミディアムを好みますよね、ジャマイカの人達は。
大まかな傾向として、ではありますが。

ジャマイカ人ではこの曲を
バニー ウエイラー&リタ マーリィがカバーしていますね。
【 2010/02/23 21:04 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

HQD

え~、
現在の音楽配信には高品位配信やスタジオ クオリティ配信などの
CD(データをCDRに焼いたものじゃないですよ、念のため。)に負けないと言われている
高音質のものもあります。

"H.Q.D"と呼ばれているものは、CD以上の高品質だそうです。
一度聞いてみなきゃな、と思っています。


で、
これを自前のオーディオで高音質ファイルが持っているポテンシャルを
そのままに鳴らすためには、それ用の機材を購入しなきゃないわけです。
十五万円くらいから買えるみたいっすが、
鮮明で密度の濃い納得できる音が出るのを欲しいですよね。
そうすると四十五万円くらいは必要なようです。

どっちにしても安くはないですよね。
つーか高いです、オレにとっては。
同じだけの金が使えるんだったら、
その金のほとんどで音楽ソフト(多分、全部レコード)買いますね。
今の段階では。

ともかく、
この高音質で配信されているもののタイトル数が増えないと
(クラッシックは比較的多いみたいです。)
ちょっと手軽に買える値段ではないですよね。
ちなみに、
ジャマイカの音楽で正規に高音質で配信されているものはないです、
オレが知っている範囲ではね。ほぼ皆無。


それと、
音楽にPCを絡めたくないって人(実は結構いると思いますよ、マジで。)にとっては
再生フォーマットだとか、操作に必要なソフトのダウン ロードだとかは
わずらわしいでしょうね、かなり。
データを格納するNasやら、なんやらも買わなくちゃいけないし。高くないみたいだけど。

でもって、そんなこんなして聞いた音が、レコードよりも良くなかったりしたらどうしましょ。
その確率が極めて高そうだしな。心配だな、と思う人多いんじゃないかな。

(”配信”でしか聞けない音源に関しては、そんなことも言ってられないんですけどね。
でも、オレも面倒くさそうだな、と思うもんね。得意分野では全くないっすから。
みんなはやってみれば簡単だ、とか言うだろうけど
オレはなるたけシンプルに音聞きたいっすよね、正直言って。
でも、やってみますよ、一応w。)

【 2010/02/22 20:49 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Back Door

50年代、キングストンのダンスで最強を誇った
ウィリス ジャクソン 「Later For Gater」(A.K.A "Coxsone Hop")
については何度か触れましたが
ウィリス ジャクソンにはもう一曲、必殺のチューンがあります。

「Back Door」
ミディアム テンポのブルースでジャズの香りもたっぷり。
ザックリとしたマッシブなビートにウィリスの豪放磊落なテナーがライド オン!うなりまくり。

Image214_convert_20100303212342.jpg

45's、7インチ シングルはアメリカ盤プロモのみ存在。
写真右は、オリジナルのSP盤。
昨年暮れに"Jerk In Time"で Super B 師匠&みんなと呑んだときに
B師匠からジャマイカでゲットしたこのSP盤をいただきました。ありがとうございます。
レーベルのクレジットがしっかりとコインで削られていて
当時のサウンドでプレイされていたことがうかがえます。

で、
この時に師匠が話てくれたのは
当然ながら、SP盤はSP専用のレコード針で鳴らさないと真価を発揮しない。
ヴァイナル用の針だとイマイチなんだよねー、ということ。
ただ、専用の針で鳴らされたSP盤はとんでもなく良い音出るんですよね。
何しろ二分ちょっとの長さの曲に10インチの片面まるまる使っているんですから。

出音の良さは7インチシングルをおおむね凌駕するようです、SP盤は。

つーことは
音楽を再生することに関しては時代を経るにつれて
だんだん音が悪くなっているということですよね。

”テクノロジーの進化”が生んだ”音質の退化”。

その分、お手軽に音楽を楽しめるようにはなったのでしょうし、
歓迎している作り手も少なからずいることでしょう。
この流れは押しとどめられないだろうし、悲観もしていません。
配信の音質も向上してきていますし、
新たな可能性も生まれたのでしょう。

が、失ったものも多いのではないですかね。

一度「本当の良い音」を知ってしまった人にとって
クラブであれ、自宅であれ、貧弱な音を聞かなければならないという状況は
(圧縮音源しか存在しない楽曲に関しては選択肢はない訳ですから。)
多かれ少なかれストレスを感じますからね。
違いがわからない耳だったら、どんなに良かったかw
とは絶対に思いませんよw
(でも、例え音質の違いがわからなくても、
貴方の人生には多分全く支障をきたしませんのでご心配なく。
多くの音質にこだわらない人にとっては、今の状況は天国ですよね。
その気になれば、質にこだわらなければ、ほとんどの楽曲は
無料で手に入れることができるんですから。)

そして、
オレだけではなくこのようなストレスを感じている人たちは
業界の人たちが想像している以上に音質(&出音)に敏感で、
かなりの人数いるかも知れませんよ。
そういう声を聞くもん実際、昔からの知り合いや若い連中からも。

でね、彼らがどういう人たちかと言うと
世の中の流行には”我関せず”な昔からの熱心な音楽好き、
当然ながら彼らは”新旧問わずに良い音楽、面白い音楽を良い音で聞きたい”と
自分で働いて稼いだお金をたくさん音楽に使い続けてきた人たちです。

クラブに遊びに行くこともあまりなく、
"Blog"や"Twitter"で意見を述べるわけでもないが
音楽を愛してることにかけては人並み外れている彼ら。
だから、音楽に対してもシビアですよ、良い意味で。
勿論、音質、出音の質に対しても彼らが無神経であるわけはないんです。
でもね、彼らは声高に問題点を訴えたりはしないんですよね。
なんとか、自力でベストの音源を探そうと思っているから。

なんだかんだ言っても、
音楽業界の基盤を支えているのは彼らのような”物言わぬ人たち”だと思います。
現在においては”物言わぬ多数派”と言えるかも知れませんよね、
”浮動票”的な人たちがいなくなった今となっては。

【 2010/02/21 10:47 】

未分類  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

La Strada

今日、
日本中で一番聞かれた曲はこれではないでしょうか。

ニノ ロータ 「La Strada」

うちのオヤジとオフクロは、「お、この曲は”ジェルソミーナ”だな。」と言ってた。
「知ってんの?」って聞いたら
「おー、あれはいい映画だったよなぁー。うん、あれは良かった。この曲はいいよなー。」
などと語っちゃったりして・・・・・
一寸驚きました。
二人ともそんなキャラじゃないのにw
【 2010/02/19 22:27 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

蜃気楼の街

今、
とあるレゲエのアルバムのライナー書いているんですが、
小難しい文章になっちゃったんで
再度書き直し中。

で、
このアルバムがまた、マジいいんすよ。
何度も聞いたことあるのに、改めて聞き惚れています。

グッときちゃって、泣きそうなう(ここでつぶやくな!)



でもって、それには
この曲のカバーも入っています。
(シュガーベイブのほうが最初のテイクになりますが、
このソロ ヴァージョンもいいっすね。アレンジは坂本 龍一さんだよね、このテイク。

えー、とにかく
今も昔も、ター坊は最高です。)


【 2010/02/18 00:36 】

reggae  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

Soldier Of Love

言うまでもないんですが、
"Big Tune"です。
これは鉄板中の鉄板です。
(まあ、日本で本格的に大ウケするようになるのは
二ヶ月後だったりするんでしょうね。いつものパターンから予想するに。)

正直ここまでヤバいの作ってくるとは思っていませんでした。
やっぱ、Sadeスゲーや。


【 2010/02/16 22:41 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Asking For Love

"Rae Town"クラッシック!

Fab 5 「Asking For Love」

ジャマイカ産のレコードには極めて珍しいタイプの楽曲です。
バカラック調の歌、メロのようでもあり
往年のソフト ロック的なサウンドを彷彿させるようなとこもある
かなり独特なジャマイカン ソウル。
(バーバラ ストライザントあたりのポップ色も濃厚なんじゃないでしょうかね。)
Image225_convert_20100216221518.jpg

これがまた、長い間入手困難な盤でした。
好きものはかなり血眼でさがしていたレコードだと思われますです。

が、
なんと!ごく最近にデッド ストック盤が発見!!

誰がこれを発掘したのかは、ここでは触れませんが・・・
小磯さんありがとう ございましたw

興味ある人は、手に入るうちにゲットしといたほうがいいっすよ、マジで!
【 2010/02/16 22:14 】

reggae  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

Thank You!!!

先日の"Cisco Night 2010"
ご来場いただいた方々、
全ての出演者&オール Cisco クルーに
OBのひとりとして
お礼を言わせてください。

本当にありがとうございました!!!!!!!

企画した"Yanatake"くんにマキシマムなリスペクトを!!


(しかし、あれだな
ヨーコちゃんにはオレもかなわねーなw)


20100214123649_convert_20100216225351.jpg

【 2010/02/15 18:20 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

モーグル

冬季五輪が開幕しましたね。

昨日の女子モーグル、
超スリリングで
そして胸が熱くなりました。

オレも頑張らなきゃな、
と何故か思ったり。

みんなとても勇気のある滑りで凄かったですよね。

ことに
里谷さんは相変わらず素晴らしかった。
決勝での”決意”を込めた攻めの滑りは鬼気迫るものさえあったと思います。
リスクを負って勝負にでなければ、得るものもないことを
痛いほど知っているからなのでしょうね。
言葉にすると軽くなりますが・・・

あの姿勢には胸をうたれました。
【 2010/02/15 17:41 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

明日は

明日は、
ここ Microcosmos に大集合、だな。

収益金は全て、ハイチに寄付されます。
(出演者は当然ノーギャラです。)
是非、みなさん足を運んでください。

DJ陣も豪華メンツですよ!!

詳しくは、
"Cisco Night 2010"

"Twitter Cisco 2010"

このブログ(Rotton Ranks に最大級のリスペクト!!)
でチェックしてください。

でもって
"Bmr"編集長 小渕くん、
このイベントのこと知っていると思いますが
みんな待っているので明日来てくださいね。
【 2010/02/11 19:23 】

未分類  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

I Believe In Miracles

ジャクソン シスターズ、レア グルーヴの超有名作
「I Believe In Miracles」にオリジナルがあるって知っていました?

jacksonsisterslp11.jpg

詳しくは
こちらから!!!

イギリスのソウルマニア中心に大変なことになっているようですよ。
【 2010/02/08 19:37 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Back To The Hard Core

現在"Back To The Hardcore"ツアー敢行中の"Mighty Crown"。

十二日の水戸"Fire Deepa"(このサウンドの音はリアルにハンパないっすよ!
超ワイルド!!!)との共演は凄そうだね、まじで。

で、
来週二月十日(祭日前)@Zepp 仙台の公演「伊達祭」では
クラウン ファミリーのアーティストも大挙出演!!
date_ZEPPA_convert_20100206214518.jpg
もち、サウンド システムも持ち込みです。

まだ前売り買っていない人は早くチケットをゲットしないと、かなりヤバそうですよ。

そして、共演の地元のスター"Thousand Base"のプレイにも期待しています!!!

【 2010/02/06 21:37 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Reggae Disco Rockers

えー、
今年待望のニューアルバムが発売予定の"Reggae Disco Rockers"

その前に、一発 別のが出るみたいっすよ!
それが何か?
知っているんだけど、いまのところ言っちゃダメなようなので言えませんw。

近日中にはお知らせできると思うので楽しみに。


あ、それから知っている人も多いと思うけど
Reggae Disco Rockersの「Cherry O Baby」のカバーを歌っていたのは
加藤 ミリヤちゃん(当時15歳くらいだったかな。)すよ。
当時からとても素直ないい子でした。
クセモノ大集合だったReggae Disco Rockers、のリリパ@Jz Brat
での初々しい姿が今でも印象的ですね。
でもって
もうその頃から、”どんな歌でもきっぱりと歌いきることが出来る”
良いシンガーでありました。
【 2010/02/06 00:11 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Cisco Blue

おー!

"Cisco Blue"

20100204_blue_convert_20100205212441.jpg

てな感じで、かなり盛り上がってきてるようですね
"Cisco Night 2010"


”ところで、みんな「ラウド店」の面々を忘れちゃいないのかw
知久は呼ばないのか?”
とか
”面倒はオレがみるから、みんな呼んじゃえw”
などと
ブログで”つぶやいて”みちゃったりしてw
【 2010/02/05 21:18 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Twine Time

ローランド アルフォンソ(ソウル ブラザース)の名曲
「Dr.Ring Ding」(ちなみにこの曲のイントロで電話を取って喋っている女性はリタ マーリィ。)
のオリジナルがこれ。

アルヴィン キャッシュ&ザ クロゥラーズ
「Twine Time」
Image224_convert_20100204173034.jpg

ファイヴ デュートーンズの「Woodbine Twine」が先に出てたと思っていたのですが、
アルヴィン キャッシュ 「Twine Time」の方が約一年ほど早く発売されいたようです。
どちらも当時ホットだった踊り"Twine"を取り上げたダンスチューンで、
「Woodbine Twine」は大ヒットした「Twine Time」を
ヘビーにリモデルした曲、だと一般的には認識されているみたいですね。

エニウェイ、
ソウル ブラザースの「Dr.Ring Ding」は全くもって
この「Twine Time」をまんま"Ska"に改編したんだな、ということが
聞けばよくわかってもらえるはずです。

いかにも悪そうな、躍動感あふれる演奏が最高。


【 2010/02/04 17:07 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

I'll Never・・・

以前にこのブログで
デニス ブラウン「I'll Never Fall In Love Again」(名盤"No Man In A Island"収録)が
”バカラックっぽい”などと記しましたが・・・

これがオリジナルでした。'59年作。
ちょっと”ラテン”も入ってます。

ジョニー レイ 「I'll Never Fall In Love Again」

デニスの同名曲はこの曲のカバーで、
バカラックの同名の別曲(ややこしいっすねw)にインスパイアされた歌というわけではなかったんですね。
Image223_convert_20100203195621.jpg

ジョニー レイは50年代にヒットを飛ばした人物で
”R&Bを歌う非アフロ アメリカン”という当時はとても珍しいタイプのシンガーでした。
エルビスが人気者になる、そのずっと前から活躍していたアーティストでもあります。
しかし、まあ、この歌のメロディはホント素晴らしいっすよね。
天才的だ、と思います。
【 2010/02/03 19:33 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Nee On The Board

当ブログではお馴染みですが、
この顔を見たことがある人は多いかと。

@原宿w
42816308_1663322060_convert_20100201210326.jpg


【 2010/02/01 21:02 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |