音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Jungle Drums

アーティー ショウのテイクで有名な古典「Jungle Drums」

ジャマイカでは、レイモンド ハーパーが「Africa's Blood」
ババ ブルックス/トレントン スペンス オーケストラは 「Distant Drums」
としてカバーしていますね。

Image241_convert_20100730212203.jpg

このラテン ヴァージョンもおススメです。

50年代には世界的な人気者だったザビア クガートの「Jungle Drums」。

真夏の夜にはピッタリのエキゾチックなアレンジメント。
マーティン デニー、アーサー ライマンあたりにも通じる音だけど
こっちの方が若干、早いですよね。

そんでもって、
上の写真の、このレコードで聞くとハイファイなサウンドがまた、とても素晴らしく響くんです。
この頃(50年代)にプレスされたこの手のラテン(”似非ラテン”も勿論含む。)の
レコードって何でこんなに、ビックリするくらい音が良いんでしょうか。



【 2010/07/30 21:20 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Trottin' In

以前にも取り上げましたが
スキャタライツがカバーした「Trottin' In」
By ロイド トラットマン&ヒズ オーケストラ。

黄色いレーベルの再発盤がありますが(大きな声では言えませんが多分、ブート)
全体的にはクリアなサウンドで悪くないんですけど、音がビリつくとこがあったりして、
音質は最高とは言えません。

なので
ちゃんとした当時の45’Sがないかな、と探していたんですよ。
でも、これが中々みつからないんですよね。

が、出てきました。
オフィシャル盤。
カナダ盤ですが、ピカピカの当時のプレスで音質もバッチリ。
しかも、安い。誰も欲しがらないからw
タカオくん、サンクス!)
言うまでなく、再発盤とは比較にならないダイナミックな音で鳴ります。
この手のジャズ レコを聞く上で肝となる音像の立体感も文句なし。

Image240_convert_20100729195126.jpg

【 2010/07/29 19:53 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

友情と尊敬

「走って結束」

藤島 大さんのコラムです。
過去のコラムも素晴らしいので読んでみてください。
是非とも。

【 2010/07/27 21:57 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Dre And Vidal

このトラックは、かなり”ツボ”です。
カッコいいですね。

ボビー ヴァレンティノの新曲、「Altered Ego」

bobby-v-hands_convert_20100726215847.jpg


【 2010/07/26 21:57 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Caipirihnia






昨夜、久々に”カイピリィーニャ”を呑んでみました。

caipirinha-2.jpg

”ピンガ”と呼ばれるサトウキビから作られるブラジル産スピリッツと
ライム&砂糖(ミントを加えるパターンもあります。)
それにクラッシュ アイスがあれば自宅でも簡単に作れます。

ブラジルではポピュラーなカクテルだそうですね。
ちゃんと作られたものは、結構なアルコール度数なので
三杯くらい呑むと効いてきますよ。
クセはあるけど、夏場には最高。

BGMは、エリス レジーナのブラジル盤ベスト、二枚組で
これが又、いい感じでした。
いまさら言うのも何ですが、リズム感ハンパないっすね。

Image239_convert_20100724221200.jpg





【 2010/07/24 22:02 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Femme Fatale


アロー ブラック 「Femme Fatale」

分かりにくいかもしれませんが、
ヴェルヴェット アンダーグラウンドのカバー。
オールド タイミーなサザン ソウル風サウンドもナイス。

aloe_blacc_convert_20100723112628.jpg

【 2010/07/23 11:25 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ああ、栄冠は君に輝く。

右を向いても、左を向いても
「暑い、暑い。」という言葉が聞こえる今日この頃。

熱中症には十分に気をつけましょう。

が、しかしだ
そんな中でも運動部の諸君はガンガンと練習している訳だ。
坂道ダッシュを150本とか、個人ノック一時間とか
そして、練習の最後にベース ランニングを気が遠くなるまで、
(本当に気が遠くなります。マジで死ぬんじゃないかな、と思いました。)とか。
しかも、それを休みなく毎日毎日だ。

奴らは好きでやっているんだろ、と言われればその通りですが、
それに比べりゃ、只、単に「暑い。」事なんてのは屁でもねーよ、
と個人的にオレは思う。

我ながら極端すぎる考えだとは思いますが。


えー、本日の夏の甲子園大会予選。

この猛暑の中、
母校は古豪、仙台商業(ジャイアンツに入った荻原投手以来の甲子園を狙う。)と対戦。
延長15回でも決着つかず、明日の朝十時から再試合となりました。

イチ野球部OBとして、再試合での勝利を切に願っています。
頑張れ!
【 2010/07/21 11:58 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

真夏の夜のジャズ




【 2010/07/20 23:34 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Jazz On A Summer's Day

暑くなってきましたね。
当ブログのテンプレートもこの時期にはバッチリです。
いい感じ、です。

で、
暑い時期には、暑苦しい音楽を聞くと季節感がより際立つので
昨日はジャニスの「Cheap Thrill」を聞いてみました。
汗ダクになりましたよw
これまた、いい感じです。

しかし、
他にも夏に聞くのにはピッタリな音楽はあるわけでして
(勿論、これらの良い音楽に関しては、いつ何時に聞いても最高なんですけれどね。)

ベタベタで恐縮ですが、これを。

「真夏の夜のジャズ」

始めは”シラッ~”としていた客が段々と彼女の音楽に引き込まれていきます。
お世辞抜きで、心を揺さぶる力のある名演だと思います。

ぬるま湯は許せない個性、
”白黒ハッキリさせる”って感じのアニタの気風の良さ。
素晴らしいです。



【 2010/07/20 23:29 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Eastman Ska

ソウル ブラザース、幻の一枚

「Eastman Ska」が今オークションに出品されていますよ。

この曲を聞いたことがあるという方は多くないかも知れません。
(オレは"Kingston Cafe"で聞きました。)
正真正銘、ディープなコレクター アイテムです。

15万円くらい突っ込んじゃおうかな、とも思ったのですが
オレがそれをやると洒落にならないので止めときますw

昔からこれが欲しかったマニアの方々は要チェックです。
多分、ホントに滅多に出てきません。
つーか、私は実物を一度しかみたことないです。


【 2010/07/18 00:46 】

reggae  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

Live Loving

Rest In Peace




泣けてきます・・・

【 2010/07/16 00:51 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

World Cup 2010 Final

2830899471_convert_20100714211501.jpg

             2016844827_convert_20100714211422.jpg


先日の決勝戦、
タフで、しかもかなりラフな試合になりましたね。

791604688-11072010191932_convert_20100714211332.jpg

デルボスケ監督も珍しく熱くなる場面があったようで、
やっぱりファイナルは特別なんだなー、と。
あの早野さんでさえ、ダジャレを封印していましたからね。
タイミングが無かっただけ、かも知れませんがw
(ちなみにデルボスケさんはヒディングさんより若いんですよ。知ってました?
見かけで年齢を判断したら、いかんですね。)

1063659622-11072010210431_convert_20100714214239.jpg

四年後はブラジルで開催。
次回は、現地で観戦したいと思います。

2603454180-11072010174523_convert_20100714214146.jpg
         
【 2010/07/14 21:31 】

未分類  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

Rockers Diary 2

先日紹介した"Rockers Diary"

Image236_convert_20100711214837.jpg

ハードケース、大きめのポスト カードも付いてました。
このポスト カード、良いです、かなり。八枚、入っていました。

Image235_convert_20100711214739.jpg

Image234_convert_20100711214553.jpg
ジョニー クラーク、ホース マウス、ボンゴ ハーマン、シルヴァン モリス。

どの写真もヴィヴィッドで、当時の空気をビリビリと伝えるかのよう。

ですが、
やはり特筆すべきは本編ですね。
本文に連動した写真も満載。
パティ スミスとバー二ング スピアのツーショット、初めて観ました。
その他もクールな写真ばかりで、
有名なアルバム ジャケットの元になったアーティストの写真も多数!

で、なにしろだ、本文が素晴らしい。
映画「ロッカーズ」の撮影にまつわるエピソードが中心なんですけれど
ジャマイカ独特のカルチャーへのフェアな眼差し、
明瞭なその視点、考えも隅々から感じられる内容です。

ジャマイカで仕事した人でないと理解に苦しむような所もあるかと思いますが、
(そんなのいくらなんでも嘘だろ~、みたいな感想を抱くかも)
でも、まじコレは100%リアルなエピソードでしょう。
まあ、読んでみてください。結構スゴイ話出てきます。
ジャマイカでは日常茶飯事、オーディナリー ティングだったりしますけどw

大体、「ジャマイカで映画を撮ろう」、しかもああいったミュージシャンを起用して
と考えるだけでも偉いのに今でも名作と呼ばれる作品として仕上げたのですから
リスペクトです、マキシマムの。
普通の映画監督には、絶対無理。

Image237_convert_20100711215004.jpg


ともあれ、まるでこの文章自体が一本の映画のようです。
次から次へと展開する、でもアクセクした感じのない独特のリズム感があります。
エキサイティングで、スリリング。
胸が熱くなるような、あるいは締め付けられるような部分も多いです。

特に印象的だったのは、
レコーディング中のバニー ウェイラーと若者とのやりとり。
このエピソードを上手く簡潔に言葉で伝えることが出来ないのですが
(説明しようとすると、凄く長くなりそうで。)、心に来るものがあります。
ウェイラーの歌ではないですが、この曲を連想したりしました。



ジャマイカ音楽を好きな方は是非読んでみてください。
このような本は初めて読みました。
本当に素晴らしいですよ。

【 2010/07/12 01:30 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

夏の光

恥ずかしながら、邦楽はほとんど聞かない私なれど、
この兄弟が作る音楽は素晴らしいと思います。

キリンジ 「夏の光」



この二人ならでは、の”サマー アンセム”とも言えますかね。
(七月七日にリリースされたばかりです。)

変な言い方ですが、「ロック偏差値」は日本最高峰。
あくまで、さりげないので、それをあまり感じさせないところも奥ゆかしい。

ベースの疾走感もいいですね!
こういった曲調のシングルは久しぶりではないかな?
サウンドは少しフィル スペクター風かな、と思います。


【 2010/07/10 21:28 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

World Cup 2010 "Semi Finals"2

1536299234-24062010165100_convert_20100708210230.jpg


3766397743_convert_20100708210150.jpg


ワールド カップも残りわずか。
(まさか、ドゥンガ監督のブラジルがあのような形で大会を去るとは思いませんでしたね。
 勝負の世界は”一寸先は何とやら”、です。)

いよいよ、の決勝戦。
スペイン対オランダは最高のマッチ アップではないでしょうか。

とても噛み合わせが良いような気がします。
スリリングな試合になるのは間違いなし、だけど
どちらかに早い時間での得点があると更に華々しい、派手な展開になるかも知れませんよね。
楽しみです。

個人的には、喜怒哀楽をあまり表に出さないデルボスケ監督に注目してます。
この監督、やる気があるのかないのか、たまに疑っちゃうくらいで、てのは冗談ですがw
でも、無駄にイライラしたりしない、
試合が終わるまでは精神的なエネルギーを場違いな所で浪費しない、って大切ですよね。
大事な局面で要点を見誤らない為にも。

デルボスケさんは一見何もしていないようで(それがいいのかもw失礼。)
既に熟成されている選手間のコンビネーションを損なうことがないように
調子が上がってくるのを焦らず待ちつつも
しかし、上手く微調整を成功させているのではないでしょうか。
”過ぎたるは及ばざるがごとし”みたいな、大人なサジ加減。
「策士」を気取るような無粋なことはしないから、
「策におぼれる」ことはありえないしね。
なので、
良い意味で成り行きに任せている風にも見えますよね(マジで誉めてますw)
自らを強烈にアピールする人が多いサッカー界にあって
このまるで達観したかのような静かなキャラ(実は内面は熱い人であるようですが。)
は希有で貴重な個性だと思います。

2892352441-07072010205429_convert_20100708210006.jpg

【 2010/07/08 21:39 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

World Cup 2010 "Semi Finals"

3001842708-07072010202506_convert_20100710124305.jpg

準決勝、試合の方は皆さんがご覧の通りの内容で熱戦でしたね。

再放送を観たんですけど、解説が早野さんでした。
何時、あのお得意の、お約束の「ダジャレ」をかましてくれるか、待っていたんですが
しかし、試合は緊迫しているし、ダジャレ言えるような展開ではなかったですよね。
が、そこは、早野さん。そんなことにひるむようなキャラではない。
さあ、どこでくるかと思って観てたんです。
でも、中々言わないんですよ、これがまた。
”タメ”を作っていたんでしょうかw

そうこうするうちに試合も後半。
一点を争うスリリングな展開に引き込まれ
オレも「ダジャレ」の事などすっかり意識外に。

が、その時!
まるで、それを見計らったかのようなタイミングで、
しかも緊迫は更に高まっていた状況で
早野さん、やってくれました。

「ドイツのクロース選手は、クロスを・・・(以下、略w)」

凄かったです。アナウンサーのスルーの仕方も過去最高に凄かったです。
超完璧なスルーw
間髪入れずにスルーw

あんな見事なスルーは、2002年大会の決勝でクレベルソンのパスを
リバウドがスルーしてロナウドの得点になった場面以来かもw

この場合、スルーされた「ダジャレ」は誰にも渡らなかった訳ですがw
いや、観ていた視聴者に渡されたと言えるのか。ガッハッハ。
渡された方も困るっーの。免疫ない人はビックリしただろうなw

そして、その後はいつものように
早野さんもアナウンサーも何事も無かったかのような態度で
解説に戻りました。微妙な空気感と共に。最高。さすがw
まあ、それも含めてホントにいつもの
「ダジャレ」込みの解説者、早野さんのルーチンワークではあるんですが、
この大舞台でやられると感慨もひとしおですw。

(でもって、たまに早野さん一人で秘かに、唐突に笑っているんだよな。
試合中なのに。
なんで、笑っているのか、こちらにはさっぱり解りませんでした。
まあ、これもある意味、早野さんのルーチンですけれど。)

というわけで、決勝も解説は是非、早野さんで。


ダジャレではないんですが、これも面白いです。
(福西さんのプレイを知っている人なら笑える、と思います。)

え~、決勝戦前に、しかも選挙前に長々と失礼いたしましたー。

【 2010/07/08 20:50 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

i phone For Gagle

今日、FMで耳にしたのだけれど
この映像、(約一日で)速攻一万五千超えのアクセスを記録したらしいっすね。





【 2010/07/07 22:38 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Rockers Diary

スゴイ本、発売されたんですね。
ジャマイカ音楽好きはツベコベ言わずにゲット、だな。

映画「Rockers」のフォト エッセイ集。

1102944074_convert_20100705193700.jpg

【 2010/07/05 19:40 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

As We Enter

ワールド カップが始まってから、睡眠時間がメチャクチャですw

今日はノーゲーム デイなんで、ほっとしてますが。

と、言うわけで

CASCV7TG_convert_20100704123447.jpg

With 「Prince Louvre」のSound Systemです。




【 2010/07/04 12:36 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Knock-Out Phase

91524080-02072010213132_convert_20100703204008.jpg




















106548245-02072010213229_convert_20100703204117.jpg









【 2010/07/03 20:46 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Dennis Brown







この映像のどこかにオレも映っているはず、(現場に居たので。)
と思って捜したんですが
映ってないようですね、どこかにいるはずなんだけどなー。

【 2010/07/01 22:03 】

reggae  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

World Cup 2010

1589854639-24062010183217_convert_20100701121512.jpg


2213830447-20062010155253_convert_20100701121638.jpg


4254530775-24062010181916_convert_20100701122056.jpg


2472968636-19062010115206_convert_20100701121722.jpg


3122777673-24062010192552_convert_20100701121851.jpg


1644800725-24062010204602_convert_20100701121557.jpg


3867043061-29062010143454_convert_20100701122016.jpg


1198198316-29062010144301_convert_20100701125148.jpg


2868265328-29062010160823_convert_20100701121812.jpg


2579918861-29062010155325_convert_20100701125104.jpg


3692157591-29062010154801_convert_20100701121933.jpg





1373152149-29062010171133_convert_20100701121411.jpg

【 2010/07/01 12:24 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |