音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Walkin' To New Orleans

この前、「五十年代に発売された”ある種”のアメリカ音楽は
キングストンのサウンドシステム経由で、イギリスに渡り
ジャマイカ移民以外の音楽ファンにも伝播された。」うんぬん、
と記しましたが

これは、そんな事例の典型的なサンプルと言えるだろう
オリジナル・サウンドマン・クラッシック。

ジム”スペックス”ホーソーン 「Walkin' To New Orleans」
(ファッツ・ドミノ、1960年の大ヒット 「Walking To New Orleans」とは別曲。)

タイトル通りのニューオリンズ スタイルのインストゥルメンタル。
ハードドライビィングなピアノ、シンコペートするリズムが躍動。
(南国の野外サウンドシステムの大音量で
ビールでも飲みながら聞いたら最高だろうな。)
間奏のギターはちょっと場違いな感じながら、
そこが面白く、この曲のアクセントとして機能しています。
注意深く聞くと他にも
”王道のニュー オリンズ・サウンドを
ニュー オリンズ外のミュージシャンが演奏した”みたいな趣がある。
企画モノ、っぽいけど、だからこそのヤンチャでシンプルなダイナミックさを持った
一風変わったチューンではあります。

Image261_convert_20101031170355.jpg
写真は、
クリス・ブラックウェルが1958年に設立、運営していた
"R&B"レーベルのプレリリース ジャマイカ盤。(1959か1960年のプレス。)
ブランク盤ですが、ブートじゃないです。

この曲、当然ながら
元はアメリカの"Bingo"レーベルから1958年に発売されていた曲。
それをクリス・ホワイトワースト、じゃなかった(w冗談ですよ、冗談。)
クリス・ブラックウェルがアメリカからライセンスして
ジャマイカの自分のレーベルでプレス、販売した訳です。

その後、ブラックウェルはイギリスに渡ったのちに
今度はアイランド("Sue"だったかも?)から、この曲を発売。
イギリスのブラックミュージック ファンに向けて流通させたんですね。
1963年前後の話だと思います。
【 2010/10/31 06:12 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Stronger

Big Tune!!!

(ベイビィ・)チャム&キラー&マイケル・ローズで
製作はデイブ・ケリーの"Mad House"!!!




【 2010/10/30 00:50 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Mama Julie

スカ誕生前夜のサウンド システムを湧かせた
アメリカン リズム&ブルース!
ラテン風味が心地よい躍動感を演出。
独特ですね。

例によってこれもコクソンがプレスしていた盤を含め
数種類のジャマイカ盤が存在します。

テリー&ジェリー 「Mama Julie」

Image260_convert_20101028201121.jpg

写真の盤は "R&B" イギリス盤。(1965年発売)

この曲は元々、1959年にアメリカのレーベル"Class"から発売されていました。
それがライセンスされてイギリス盤が出たのが1965年。

この六年間というタイムラグ。
今の様に音楽の情報が世界中にすぐに伝わる時代でなかったのは
確かだけれど、それにしても この”六年間”って時間は微妙だよな。
この曲、アメリカでものすごく売れた曲でもないようですから。

なので、以前にタカオくんが推測していたように・・・
リズム&ブルース(の中でもジャマイカ人が好むタイプのヤツ。)等、
50年代のホットなアメリカン アーバンミュージックの一部は
キングストンのサウンド システム経由で
元祖レア グルーヴ的にイギリスの黒人音楽好きをインフルエンスした
という見立ては鋭いと思います。

アメリカ~キングストン~イギリスって流れね。

実際、例えばクリス・ブラックウェルは
62年にイギリスへ移住する以前はジャマイカで暮らしていた訳で、
彼がスカ誕生前にキングストンのダンスをボスしていたアメリカの音楽を
ある程度は知っていただろう事は想像に難くないですよね。

合わせて、1950年代のイギリスにおける
ジャマイカ移民によるジャマイカ移民の為のダンスでは
当時のキングストンでイケてる曲や一寸前にボスったチューンが
やっぱり受けて人気があったという記述もあります。
イコール、ダンスでは一般的なR&Bヒットとは一線を画すタイプの
ジャマイカ独特の趣味を反映したアメリカンミュージックがガンガン鳴っていた
ということです。

モノ好きで、恐いもの見たさに近寄ったイギリス人がその音に
ノック・アウトされたとしても、決して不思議ではないですよね。
イギリスの音楽好きな人ってヤバいもんね~。

【 2010/10/28 20:28 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Today Steady Go !!

先月発売されていたんですが、紹介遅くなってすみません。
全国一千万人の"Wild Mongol"ファン、"Tastee"ファンの皆さんは
既にチェック済みだと思います。

"Wild Mongol"最新作、「Today Steady Go!!」

まずはジャケットが素晴らしい!
さすが、MALちゃんです。
色使い、すごいっす。

このジャケに描かれている「フー・マンチュー」風の
いや、「キラー・カーン」風の男性に注目。
元ネタは、アメリカン・コミックのクラッシック「フラッシュ・ゴードン」の”ミン皇帝”だよね。
渋すぎw
20100910203916_convert_20101024212805.jpg

で、内容の方も凄いんです。
ミュージック・アディクトな方々&ホッコリ好きは必聴。
NEGI-Tにリスペクト!
本作は、今までのミックスで"Wild Mongol"に親しんできた方々にとっては
従来のイメージを新鮮に更新した一作、と映るかも知れません。
(オレは彼の幅広く柔軟なセンスを知っているので不思議ではないのですが)

何故なら
今回のミックス、ここ一、二年にリリースされた新譜ヴァイナルばかりをセレクト!
なので、従来の"Wild Mongol"シリーズの凝りに凝った構成はそのままなんだけれど
良い意味で、あまりそれを感じさせない
より「ストロング・スタイル」な勢いのある仕上がりになっています。
(とは言え、随所にマニアをニヤッとさせる仕掛けはあるんですがね。)

で、ミックスのメッセージ、テーマはイントロでも明らかなんですが
なにしろ、ジャマイカ産とEU産のダンスホールの混ぜ方が美味くて上手い。
11曲目までは、ブーストする重低音が全開にドライブするチューンが
立て続けにプレイされ一気にテンションが上がりまくり。
6、7曲目の「ロボットもの」なんか"Wild Mongol"の真骨頂ですよね。
何処からこういうの探してくるんだろう。何時もながらですが、感心させられます。



そして
"You Don't Care"等のリメイクトラックをテンポよくポンポンとミックスしてから
"Golden Hen"~"Boops"~"Stalag"へと繋ぐ手際の鮮やかさ。
でもって、そこから先が怒涛の"Sleng Teng"攻撃!
「Creation」レーベル(Youth Promotion)の変則"Sleng Teng"を思わせる26曲目
~"Computer Sleng Teng"~快速"Jump Up"系ベースラインの変形"Sleng Teng"で
一気に捲り、"Come down"リメイク~"Poco"(Kou Koung Koung)へ。
ヤバいでしょ。
でもまだまだ加速!
それまでのトラックの流れから(元オケの)時系列をたどるように、
往年のデイブ・ケリー傑作リズムを継承したブランニューをジャグリングして
ビヨンセ「Listen」のジャマイカなまりヴァージョンと言えそうな41曲目にスイッチ。
(この歌は最高です。)
見事な着地。素晴らしい。
20101004170708_convert_20101026181110.jpg

ここ迄で、もう充分過ぎるほどにエキサイティングで満足なのに
最後半の選曲が染みるんだな~。

45曲目からアウトロまではタニアから、現在進行形のルーツ・ロック・レゲエに展開。

このラスト迄、特にラスト5曲は 
歌が、リリックが「スッ」と心に入ってきます。本当に。

MCで声高くアピールしなくても(しないほうが、かな?)
良い曲を良い流れでミックスすることでメッセージはしっかりと伝わるんです。
(楽曲を理解したうえでの確固とした意思と意図があれば)

また、音楽や歌が持つ力
それは(時に、図らずも)自分の思いをより真摯に伝えてくれるし
それは深いところまで届くのだ、と私は思います。(偉そうですみません。)
誰にでも出来ることではないですが。

なので、だからね
最後のサッチモ「What A Wonderful World」のカバーが効くんですよね。
しみじみと。

(「What A Wonderful World」の歌詞について書かれている
素晴らしい文章を見つけたので、是非読んでください。
ここをクリック。

え~、長々と頼まれもしないのにライナー調の文章をつらねましたが、
本当にこのミックスは最高なので聞いてみてください。
新譜ヴァイナルが少なくなっても、センスと聞く耳が良ければ
これだけ面白いものが出来る、ということを実証した力作です。

ダンスホール ファンには特に聞いて欲しいのだが、
それ以外の面白い音が好きな音楽愛好者にも全面的に推薦します。

おっと、写真載せておきましたがTシャツもでてますよ!
ファンならマストでしょ。
【 2010/10/26 17:27 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

This Is Box

日本人同士のタイトルマッチは名勝負が多いんですが
これは凄かった。
生で観ていましたが、本当に息をのみました。
最後の最後まで凄まじかった・・・
観ていた人にはわかってもらえると思います。



【 2010/10/25 23:46 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Box

先日の内山 選手、今日防衛した西岡 選手
ともに本当に強いですね。

そして、思うに
両選手の相手が強靭で素晴らしかったから、
余計にチャンピオン二人の闘いが際立ったのではないのかな、と。

今日の試合の解説者、ジョー小泉さんと浜田 剛さんはこう言っていました。
「西岡とムンロー。二人とも男の中の男だ。」

今日の対戦相手 ムンロー選手の頑強なこと。
決して下がらない精神力と鍛えに鍛えた肉体。
正に”身を削られる”ような攻撃を再三受けたのに
あの忍耐力と回復力。
あれは”根性”の一言で語れるものなのでしょうか。
あのムンロー選手の姿を見て
唖然とさせられた方も多かったのではないでしょうか。

今、「タフ」って言葉が気軽に使われるけど
本当の意味での「タフ」(Tuff)という形容が相応しいボクサー。
あれが本物の「タフ」、「タフネス」だ。
試合後の表情には、第三者ながらグッときてしまいました。

20101024-00000526-sanspo-fight-view-000_convert_20101024202823.jpg

しかし、今日の西岡さんの最終ラウンドのラッシュ、すごかった。
まるで、レナード。
最終盤にあの集中力ですよ。
心身両面のとてつもないスタミナには感服します。
尊敬。
【 2010/10/24 22:15 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

今、ナイキに送りたいもの

ナイキさんは 世間の知らんふり、無関心を味方につけたいんですよ。

ナイキが最近、提案していることを
”なんとなくカッコよさそう”、みたいに思う若者層の囲い込みも実行しつつ。

でもね
なしくずし的に計画を進めよう、ったってそうは行かないよ。

「今、ナイキにあげたいもの」

シップnike72_convert_20101024230243

【 2010/10/24 22:14 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

鏡の中の十月

十月もあとわずかなんで、慌ててアップしてます。

言わば、和製フレンチ・テクノ。
80年代ならではの諧謔性にたけた一曲ですよね。




【 2010/10/23 00:24 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Over Heat 30th Anniversary

オーバーヒート社、三十周年記念イベント。
ヤバいです。最大級のリスペクト。

「Dub Clash」!!

header_convert_20101022213719.jpg

詳しくは、こちらから

「Dub Clash」

松永さんとスタイル スコットのリズム セクションに
小玉さん、朝本さん、そしてエマーソン北村さん!
ライブ ミックスは宮崎さんとロイド バーンズ(Wackies)

で、なんと 松竹谷 清さんも出演です!!!!!!

先行発売は日曜日、24日から!

【 2010/10/22 22:10 】

reggae  | コメント(3)  | トラックバック(0)  |

As We Enter Vol.7

「As We Enter Vol.7」@まきばダンス。

今回は "Out Break"の二人がゲスト セレクター。

Don't Miss It!

CA9LDNJC_convert_20101021203824.jpg

【 2010/10/21 20:43 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Split Personality

ジャマイカでパワープレイ中。
"Split Personality"

ラインナップも旬なメンツ。
ビートもいい感じに跳ねてますね!!





【 2010/10/20 00:45 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Because The Night

ひとくちに「パンク」と言っても、

”ロンドン パンク”、”ニューヨーク パンク”、

そして世界各国のパンクはもとより

”ファッション パンク”&”産業パンク”
(言っていることの上っ面と格好だけは「パンク」ってのがシュールです。)

今では”高度資本主義 パンク”(?w)と呼べそうなタイプまでが出現。

色々な種類のパンクな方がいらっしゃるようですね。

ジョー・ストラマーさんは、草葉の陰でどう思っているでしょう・・・



この人は、正真正銘 ”オリジナル パンクス”です。

「Because The Night」

「Free Money」

band78c_convert_20101019203622.jpg

113981845.jpg
【 2010/10/19 20:30 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ネーミングライツ

”2010年10月12日、渋谷区の宮下公園では、
ナイキジャパン社が発注する工事が着工されました。
この工事は区立の宮下公園を「宮下NIKEパーク」という名称に
変えるというネーミングライツ協定の名のもとに行われています。
しかし、その内実は、公園全体を実質的に作り加え、
ナイキ関連のスポーツ施設(有料)で埋め尽くすというものです。”

でだ、

ナイキが宮下公園の名称を変更しないと言いだした。

が、これは英断でもなんでもない。

だって、予定通りに工事は進めるんだぜ。


はなから、解っていたことではあるが、
ナイキの目的は「ネーミング」ではなくて(出来れば名前も変えたかった訳だが)、
「公園を自分たちのものにすること」だったのがハッキリしたよね。
本性を出してきたな。

名前に自分らの「ナイキ」って名を使わないだけで、
公園を都合よく利用しようとしていることには変わりない。
実際、工事開始しているようだし、
しかも、敷地内をどのように改造、私有地化するか
その計画は今だ、公開していない。
出来たらビックリ、とんでもない事になっている可能性は否定できないよね。

大体、やっていることメチャクチャだってーの。
名無しの命名権(ネーミングライツ)なんて初めてでしょ。
しかも、命名権をナイキが得た経緯は限りなく不透明、なのは
皆さんも既にご存知でしょ。

こちらも、是非読んでください。

「イルコモンズのふた。"名無しの命名権。"」


「当初から公園の活性化が目的だった、
という呆れたナイキのコメント」


【 2010/10/17 19:27 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

オレンジとグリーン・・・

ricoさんのブログを見て知ったのですが、

現在ジャマイカで公開中の「Better Mus' Come」

観たいなー。日本公開は難しいでしょうかね?

     bettermuscome.jpg




「Better Mus' Come Official Trailer」


因みに、なのですが名著「ベース カルチャー」によると
デルロイ ウイルソンさんの1971年の大ヒット「Better Must Come」は
"PNP"のテーマソング的に使われましたが
デルロイさん本人は他界するまで、この曲の政治的関連性は否定していました。

デルロイさんは、この歌はスタジオ オーナー、プロデューサーに
不当な扱いを受けていたアーティストの抵抗の歌だ、と主張していたそうです。
【 2010/10/15 21:39 】

reggae  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

偶然

昨日に続いて今日も車を運転中にFMつけたら
いきなりトッド ラングレンがプレイされていたのでビックリしました。
なにやら、40曲収録のベスト盤が発売中だそうです。
興味ある方は是非。

えー私、実はなんですが
トッドが仮面被ったジャケのガムラン”ケチャ"とかまでやった一人多重録音のアルバム
までのソロアルバムは全部持ってます。(”ユートピア”除く。)

その後は、例のボサノバ ヴァージョンのセルフ カバーくらいしか
まともに聞いていないのですが・・・

で、これは、ソウル名曲メドレイ!
(”ラント”名義を含むと、四枚目のソロアルバムに収録。)
元歌が素晴らしいのは言うまでもないんですが、
それを差し引いてもトッドのこのテイクは最高だと思います。

「Medley: I'm So Proud / Ooh Baby Baby / La La Means I Love You / Cool Jerk 」

【 2010/10/13 23:14 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Speak Easy

この前、"Boogie Woogie"のことを書きましたが、
六十年代以降「ブギ(ウギ)」、「シャッフル」と呼ばれる音楽は
表舞台から遠ざかっていきます。

が、その後も現在に至るまで(時折ですが)
独特の躍動感、そのリズム・フィギュアを
改編、または甦らせたかのような音が出てきます。

ジャマイカの「Sky Daggering」なんかは正にそんな音でしたが、
バン・Bの新作にも一曲ゴリゴリに硬派な、カッコ良いのが入ってます。

「Speak Easy」

51BYpn2VuKL__SS500__convert_20101012173441.jpg
【 2010/10/12 18:15 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

I Saw The Light

今日FM聞いていたら、
トッド ラングレンの「Something Anything」からの曲が
たて続けにプレイされていたので、「まさか・・・」と思ったら
来日中なんですね。良かったです。

今回の公演では、
なんとロバート ジョンソンの曲をカバーしまくりで
ギター、バリバリバリと弾きまくっているそうですw

むか~しむかしに、渋谷公会堂での「独演会」を観に行きましたが、
面白かったような、そうでもなかったようなw
でも、この人らしくて想い出に残る印象的なステージでした。

(ところで、現在は渋谷公会堂は名称が「C・C レモンホール」になっていますね。
このままみんながボーっとしてたらあと五年もすると、
両国国技館は「マクドナルド国技館」
武道館は「マイクロ ソフト武道館」、
貴方の家の近所の公園は「スターバックス公園」になっているかも知れませんよ。
冗談抜きで。)

ともあれ、
この「Something Anything」は個人的にも愛聴盤です。
飲み屋(バイト&自営時代、共に)でターンテーブルに載せた回数は
多分このアルバムがダントツの1位です。
(CD「フリーソウル トッド ラングレン」のライナー参照。)

「I Saw The Light」

【 2010/10/12 17:58 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Revolution





【 2010/10/09 22:44 】

未分類  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

Watching The Wheels



【 2010/10/09 22:41 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Boogie Woogie

"Boogie Woogie"

ポイントは、
「ピアノ」でアフロ アメリカンのリズム、ポリリズムを叩き出した音楽だって事です。
(勿論”ギターと歌だけのブルース”も、根っこのリズム感は一緒なんですけれどね。)

でだ、この「ブギ ウギ」は”8ビート”の音楽だったので
非アフロ アメリカンにもある程度解りやすいものだったんですね。
なので後に(50年代中頃から、ではありますが。)
白人達が見よう見まねで利用し始め、使っていくわけです。
"ぶれないリズム "、"正確なリズムキープ "を上手に真似することは出来なかったんですがw
その後は皆さんがご存じの通り。

ブルースが”ギターと歌”だけのスタイルのみだったら、
このリズム感覚と反復の美学に”ピン”とくる白人が出てくるまで
もっと相当に時間がかかったんじゃないか、真似することもなかったんじゃないか?
というのが識者の方々の意見です。まあ、「たられば」の話ですがね。
でも、私もそう思います。


参考までに
これは凄いっすよ。1940年代の映像ですかね。

Boogie Woogie Dream -Albert Ammons & Pete Johnson


で、
ジャズ バンドが”ブギー”を取り入れ、スゥィングのスタイルで演奏すると
こんなにヤバい、ってのがこれ。
ギターのリズム感に注目してください。凄いっすよね。
"正確極まりない" ので音が聞こえません!(言っている意味わかるよね?)
マシーンより正確。この手さばき、観てくださいよ。
名前を覚えていないんですが(すんません。)
確か”ミスター・リズム”と呼ばれて有名なのは、ギターのこの方だと思います。


【 2010/10/07 23:24 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Pledging My Love

スローの王様、ジョニー エイス。(1954年没)

この曲は
マーヴィン ゲイ&ダイアナ ロス、アーロン ネヴィル、
ジャマイカではジョン ホルトがカバーした名作です。
(一番有名なのはエルヴィスのテイクでしょうが。)

「Pledging My Love 」
Image252_convert_20101006114844.jpg



ちなみに、彼の死を悼んだ曲である「Johnny Has Gone」ヴァレッタ ディラード
も当時のキングストンで人気があったそうです。
(数種類のジャマイカ盤がリリースされていました。)
【 2010/10/05 19:29 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Hymne a L'amour

宇多田さん、ペプシのCMで歌っているんですね。

歌は「Hymne a L'amour」で、オットットって感じ&ビックリ&
ホントに演奏がかなり良い感じだな~(オレ偉そうですよね、しかしwすんません。)
と思ってたら、菊地 成孔さんのダブ・セクステッドなんですね、これ。
な~るほど、道理で。
(演奏は、チック コリアのこの曲をリメイクしています。)

でもって、ご存知の方が多いと思いますが
菊地 成孔さんのお兄さんは小説家の菊地 秀行さん です。
「闇・ガード」シリーズ等で有名ですよね。

で、話は逸れるのですが
オレは秀行さんの小説を映画化した「妖獣都市」が好きなんですよね。
アニメ版じゃないほうですよ。(アニメ版、観たことないけど。)
"香港魔界篇”と題された実写版のほうね。

90年代に大金かけて、こんな映画を撮ったツイ・ハークは偉い!!
ほとんど、批評的には抹殺されているつーか、忘れさられている映画ですが
既に大御所だった仲代達矢(!)が出演。
パッケージ的にも、まるで日本、香港の合作&大作の匂いが胡散臭さも含めプンプン(?)
するようなもので、しかもレオン・ライ、ミシェル・リーも出演しています。
(実際には、ほとんど香港製作の映画です。)

なんか、観たくなるでしょうー、こう言われると。

でも、内容はハッキリ言って、いわゆる”トンデモ”な類なので
万人にはおススメできません。日本盤のDVDも当然ありません。
(原作者にも酷評されたようです・・・)

お話は”SFサスペンスで、それに悲恋ものが絡むという内容”、等と書くと
「アルファビル」あたりを連想する方もいらっしゃるかと思いますが(いないかw)
全然、全く全然違いますよ。
全編に渡ってですね、観ていて笑いが止まらない場面ばかりが続出する困った映画です。
”SFサスペンス&ラヴ&エログロ”なのに。
モノ好きなかたは探してみてください。

でもですね、下世話ですが、
ミシェル・リー ファンなら必見ですよ、この映画。
【 2010/10/04 21:42 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Oh Yeah !

これはホント、ヤバいです。
ブラック・ザ・ビーストとオーメンの共同製作。
トラックも、ラップもカッコ良すぎでしびれますね。





【 2010/10/01 21:50 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |