音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

チコとリタ

アニメは全くほとんど観ないのですが、これは観たいね。

「チコとリタ」

ChicoAndRita_convert_20110823154528.jpg


"Latin Beat Festival 2011" で上映されるそうです。



chico-and-rita_convert_20110823154642.jpg









chico-rita_convert_20110823154745.jpg

bird_convert_20110823154400.jpg

natkingcole_radiocitymusichall_newyork_convert_20110823154854.jpg

chico+and+rita_convert_20110823160257.jpg

【 2011/08/23 15:58 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

I'm Living Good

もろ、「サム・クック」フォロワーですけれど
これは名曲です。




【 2011/08/21 22:26 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

自分らしく

私は 
”身体表現抜きで、輪郭のはっきりした感情を維持することが私たちにはできないからである。”
とは思っていませんが

人は「自分らしく」あれば、それで良いのか。


【 2011/08/21 00:18 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Book Book Book

たまには、普段は読まないような本も買ってみよう、
と思い本屋に行ったんです。

Image328_convert_20110820000728.jpg

どの本もハズレなしの素晴らしい内容で大満足。


「Protest Song Cronicle」

<3・11>を体験した今こそ味わいたい<闘いの歌>

古今東西、様々なジャンルの「プロテスト・ソング」が取り上げられています。

加川 良 「教訓1」、
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン 「Sleep Now In The Fire」の
鈴木孝弥さんの文章、
ボブ・マーリィー&ザ・ウェイラーズ 「I Know」の
高橋健太郎さんの文章は是非、皆さんにも読んで欲しい。

勿論、全編とても的確な内容でどこから読んでも
我が身を振り返らざるをえない歌、メッセージが突き刺さってくる。
ランキンさんのあの歌も当然載っています。

あとは、これをどう感じて、行動するか、だよな。




「ジャズメンとの約束」

もう、ジャズ・アーティストの凄い話ばかりで、
一気読みです。

ズート・シムズが午前(午後じゃないですよ。)11時から
「バーボン・オン・ザ・ロック」を一時間で八杯呑んだエピソードには勇気づけられましたw



「M/D」にも出てくる「マイルス・デイビス 自叙伝」からのエピソードには
こういうのがあります。

1940年代中盤、舞台はNYの「ミントンズ」。
マイルスがデヴューしたころの話です。

”エディ・ロック・ジョウ・デイビスやチャーリー・パーカー、
ディズやセロ二アス・モンクらが誰一人として当たり前のことなんて、やっていなかった。
ダメな演奏家が入ってこれないように、みんな凄い演奏をしていた。

ある日、ろくに演奏も出来ない奴がステージに上がって吹きまくり
女の気をひこうと格好をつけた時があった。
その客席には、音楽を聞くことが純粋に好きな普通の客がいたんだが
その客は静かにテーブルを離れると、そのできそこないをステージから引きずり降ろし
近くの路地に引っ張り込んで、そいつのケツをたっぷり蹴っ飛ばし、こう言った。
「聴くに堪える様な演奏が出来るようになるまで、二度とバンド・スタンドに足をかけるな。」

これこそ、まさに「ミントンズ」だ。”


【 2011/08/19 23:59 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Mixon With Dixon

1950年代のダンスで、
コクソンが「The Wax」と別名をつけ、"Down Beat"のスペシャルとして重用した一曲。

テディ・ブロノン 「 Mixon With Dixon」

Image330_convert_20110817202738.jpg

写真はコクソンがプレスしていたジャマイカ盤。
(メイトリックスは"Wax"と彫られています。)
ミス・クレジットで、”テディ・レイノルズ 「Mixing With Dixon」”になっていますがw

ムーディーかつ、やさぐれたテナーもギター、ピアノのソロも素晴らしい
エキゾチックなミディアム・インストゥルメンタル。

ちなみに、デリック・モーガンがデューク・リードのもとで録音した
ジャマイカン・シャッフルの古典「Oh My」のトラックは
この曲のサウンドを焼きなおしたものです。

【 2011/08/17 20:26 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

予期せぬ自分

「予期せぬ自分」藤島 大

「本当の自分なんてありはしない。
今の自分が自分なのだ。」



【 2011/08/15 00:24 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Louisiana 1927



ランディー・ニューマン 「Louisana 1927」






【 2011/08/11 22:18 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Political Science




【 2011/08/10 22:03 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

七夕

メチャクチャ忙しく、
ここ二日間で汗20リットルくらいかいちゃったんで
ビール20リットル呑んどきました。

Image329_convert_20110808212215[1]

Image328_convert_20110808212417.jpg

今日で、仙台七夕も終了。

新聞みたら、親戚がでてました。

「仙台七夕、趣向凝らし商店主奮闘。」

表具屋を先祖代々営んでいる親戚、
65才になりましたが、いまだ愛称は「ヨシボー」ですw
冬でも雪駄履き、なのはオレの爺様ゆずり。

【 2011/08/08 23:03 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

2011年、夏


「感謝、うちわに込めて」


【 2011/08/05 00:32 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Base Ball

今年の夏の甲子園大会に出場する宮城代表、古川工業。

東北、育英以外の高校が出場するのも九年ぶりですが
仙台市以外の高校が出るのは記憶にないくらい久しぶり。
(仙台市以外の地区で、しかも公立高校が夏を制したのは
なんと1962年の気仙沼高校以来!)

今年のような年に、古川工業のような公立校が甲子園に出場する。
とても期待しています!

派手さはなかったけれど、堅実、
本当に真面目で、でも思い切りのよい古川工業の野球は
宮城代表にふさわしいものだったと思います。

色々な思いを心に秘めて県予選に挑んだ各校、
必死の形相で勝負した東北、育英、
気仙沼や石巻、亘理他の沿岸部の高校、
準々決勝で一点差で古川工業に惜敗したオレの母校、
その他全ての高校野球部員&宮城県民が応援しています。

気張らず、でも思う存分に野球してきてください!

【 2011/08/02 23:41 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Give Thanks

先日、虎子食堂にきてくれた皆様、
ありがとうございました!

関さんのラテン・セット、Lady-K嬢の華麗なターンテーブル捌きは抜群。
みんな個性的なDJで十二分に楽しませてもらいました。

ジャーマネの選曲が凄すぎて、それにあてらてしまい&チャンポン攻撃の為、
オレの時間は一寸ちらかしてしまいましたが、
次回はモア・ベターにいたしますのでご容赦ください!
今度は、もちっと、じっくり回します。


【 2011/08/01 22:40 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |