音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Don't Be Angry

Super B師匠に教えてもらった、ヴィンテージ系のダンスで定番の人気曲。

ナピー・ブラウン 「Don't Be Angry」
dont+get+angry_convert_20120327174326.jpg



白い"Savoy"のジャマイカ盤もあります。


【 2012/03/27 20:00 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Freedom

クランシー・エクルスのジャマイカン・シャッフル名曲

「Freedom」

歌詞も大変素晴らしい。
この歌詞は南北戦争を題材にした「John Brown's Body」
をエクルスさんが翻案したものだと言われています。

この「John Brown's Body」

ジョン・ブラウン氏を悼み、自らを鼓舞する内容の歌ですが
もとはリパブリック・アンセムを替え歌にしたものです。

その後、時を経るにつれ、
この「John Brown's Body」も替え歌にされ(「John Brown's Baby」)
まったく内容の違う歌になってしまい、一般にはその主メロディだけが
現代には残っている、といえます。

日本では、ヨドバシ・カメラのCMで替え歌にされていますね。

【 2012/03/26 10:36 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Shuffle Friday

前回が好評だったので(ありがとうございます。)
"Shuffle Friday"、四月、五月、六月と
三ヶ月連続で開催することが決定しました。

四月の回は、
春っぽいロゼでも女性のお客さんの為に用意したほうがいいっすかね。
仙台のお花見シーズンでもありますし。

theshufflefriday3_convert_20120321173504.jpg


【 2012/03/21 17:38 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

選抜

明日から、選抜甲子園大会が始まりますが
私のカンでは、優勝は花巻東。
全く根拠のない全くのカンですが。
問題は大阪桐蔭との一回戦かな。

二十一世紀枠で出場の石巻工業。
昨秋の宮城県大会、準優勝なので力はある。
大昔、私が高校生だったときも強かったです。当時、既にほとんどの学校が
ニット、メッシュのユニホームになっていたけど、石工はまだ木綿のユニフォームだった
事を思い出します。グリーンのアンダーシャツだったなー、その頃は)

石巻工業の選手には
「あまりいろいろ考えずに思い切って」と言いたいところですが
なかなかそれは難しいかも知れません。
でも、個人的には
願わくば「無心」でプレイして欲しい、させてやりたいと思います。

【 2012/03/20 15:41 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Chicago's Boss Tenors

"Down Beat"のスペシャルだった
ジーン・アモンズ 「Jug Head Rumble」




だいぶ前に当ブログでもジャマイカ盤シングルを取り上げましたが
盤起こしの為、音質はイマイチ。
SP盤も中々出てこないのですが
このアルバムに収録されています。音質もバッチリ。


「Chicago's Boss Tenors」
boss+tenor_convert_20120317124955.jpg


"Chess"のジャズ・オムニバスで、
タイトル通りダイナミックにテナーがブロウする良曲がたくさん入っています。
好みはあるかと思いますが、良い意味で小難しくなく、単純明快。
ブルース・フィーリングもたっぷりの、気楽に聞ける楽しいアルバムです。

【 2012/03/17 12:46 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Confidential

探していたレコードが続々と到着。

まず一曲。

ソニー・ナイト 「Confidential」

ほんとこれは、ビューティフル・ソングだ。
聴けば聴くほどに。

1956年作のサウンドマン・クラシック。




【 2012/03/15 14:04 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Country Gal

現在CD、DVDが発売中の東京事変の昨年のツアー、
林檎嬢の扮装、あれってマルディグラ・インディアン、ビッグ・チーフ風だよね。

で、「ビッグ・チーフ」と言えば、当然この曲


ですが、デーブ・バーソロミューの「Carnival Day」
もヤバイです。ワイルド!
1950年のマルディグラ・フェスティヴァルのために書かれた一曲。

このアルバムに収録されています。

dave_convert_20120313121556.jpg
「Jump Chirdren」

1950年代のサウンドマン・クラシック、「Country Gal」、
「Shufflin' Fox」も収録されています。

ノッシノッシと前進するヘビー級のニューオーリンズR&B「Country Gal」(1949年)。
ユーチューブ、MP3等の音質では実感できないと思いますが
間奏のトランペット・ソロは、そのメタリックな音色も相まって
近未来的にすら響きます。クールすぎる!

"Blue Beat Bop"で山名組長もリスト・アップした「Shufflin' Fox」(1957年)
プロフェッサー・ロングヘア・スタイルのピアノはアラン・トゥーサン!
豪快にドライブするビートとホーン、問答無用の極太チューンですね。

このアルバムには他にも、
ニューオリンズならではのキューバ調ラテン・ナンバー「Oh Cubanas」
ロスコー・ゴードン「No More Doggin'」そっくりで、
しかもスイングする「Who Drunk My Beer While~」
(両曲ともに1952年リリース。どっちが先に出たんだろう。
ロスコー・ゴードンのほうが先かな?)
そして、ヴィンテージ・ジャマイカ音源好きのハートを
間違いなくヒットするであろう「Little Girl Sing Ding A Ling」
と盛りだくさんの内容。

卓越したバンド・リーダーとして、また
ファッツ・ドミノらを手がけたプロデューサーとしての側面が強調されがち
(シャーリー&リー「I'm Gone」、ロイド・プライス「Lawdy Miss Clawdy」も彼の仕事。)
ですが、歌手として、トランペット奏者としても一流だったことを証明する一枚です。
勿論、サウンドのクリエイティヴィティも当時ピカイチ。

も一つ付け加えると
オリジナルは"Bayou"から発売されている「Country Gal」のシングルは
中々出てきませんし、
「Shufflin' Fox」もオリジナル・シングルは「Monkey」とのカップリングでして
超強力盤な為、お値段もかなりハリます。
なので、そういう意味でもこのアルバムはオススメ。



tokyo+jihen_convert_20120313121735.jpg


【 2012/03/13 20:25 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Sunday Songbook

山下達郎さんのFM番組、「サンデイ・ソングブック」

03月11日の放送は、「東日本大震災一周年、追悼と復興祈念プログラム」です。



【 2012/03/09 06:53 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Add Monday Special

祭日前の三月十九日、@ ADD

「Add Monday Special」


震災から一年経過後、節目のスペシャルです。

digital wave



【 2012/03/07 12:39 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

無題

 3月19日、東京消防庁のハイパーレスキュー隊が原発に突っ込み
放水を決行、大々的に報じられましたが、
その三日前の十六日 双葉消防本部が出動していたことは
メディアに取り上げられることはありませんでした。
事実を証明するのは業務日誌の記録だけのようです。

その時に出動した浪江消防署、消防士の方と家族
その後の生活にもふれている連載中の記事です。
通して読んでも、五分とかかりませんので
以下のタイトルをクリックして読んでもらえるとありがたいです。



(1)「原発事故から一年。危機のただ中、妻と子は。」


(2)「避難途中、無事伝える声」


(3)「日誌に残る、決死の出動」


(4)「激務の合間、妻子と再開。」


(5)「長引く別居。きしむ~」


【 2012/03/04 17:40 】

未分類  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |