音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Baby Let's Make Some Love

ペンギンズ、といえば、1955年の
ビルーボードR&Bチャートでナンバー・ワンになった
(ナショナル・チャートでも第八位まで上がった)
"Doo Wop"アンセム「Earth Angel」が代表作ですけど

50年代のジャマイカでは、こっちも人気曲
「Baby Let's Make Some Love」
(コクソンがプレスしたジャマイカ盤シングルも存在します。)




”ルーツ・オブ・スキャ”、ですね。
(スキャのバック・ビートを頭の中でカウントしながら
聴いてみてください!)

ちなみにこのシングル、
アメリカ盤のセカンド・プレスは正規のものですが、イントロが切れているので、
買うなら「Dootone」レーベルのオリジナル盤ですよ。



【 2013/05/27 18:11 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Yardlink Records

ヴィンテージ・レコードのマニアにはお馴染み、

"Yard Link Records"のサイトがリニューアル!!

既にソールド・アウトのブツもありますが
ごっついレコードをたくさん販売中!


Yard_convert_20130523150556.jpg


【 2013/05/23 15:11 】

reggae  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

Fine And Mellow






【 2013/05/21 16:24 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Living In The Light







【 2013/05/12 16:15 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

二十周年

今日はJ・リーグ二十周年だそうで

なにはともあれ、仙台が大宮をガッチリ&バッチリと止めてくれて嬉しいっす!

そして、
レッズ・サポーター&ファンの気持ちになるならば
一番負けたくないのはアントラーズ。
積年のあれやこれやがあるけれど、話が長くなるのでやめとこう。
それでも今日の二点目には思わず、「ジェ、ジェ、ジェ!?」
「オ、オ、オ、オフサイドじゃなかったんだ、
うん、まあいいか、いや、よくないか?いや、まあ、うん、ギリだったね。」

というわけで梅﨑君の三点目は最高でしたw


今まで
J・リーグの試合でものすごく感激したり、興奮したり
ガッカリしたり、ナビスコ・カップの決勝で勝った時には
だいぶおかしくなったりしましたが
一番「面白かった」試合はこれかも。
国立に六万人超の人を動員した試合です。
伝説の線審をなぎ倒した岡野選手のラン&超絶カンフー・キック・シュート
も観れますよ。





【 2013/05/11 21:32 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Breeze Here

連休明けの明日五月七日、午後七時からTBS系のテレヴィ局で

二時間スペシャル「世界の果ての日本人!」が放送されます。

オレの友人の、ジャマイカ、セイント・ジェイムスでゲストハウスを
営んでいるYukiyoさんが出演しますので、ぜひご覧ください!
(ジャマイカのワニも出るかもw)

詳しくは、こちら と こちら をクリック。

【 2013/05/06 11:20 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Saturday Nite Boogie Woogie Man

1950年録音のサウンドマン・クラシック!

ジミー・リギンズ 「Saturday Nite Boogie Woogie Man」

週末の給金を手にして、「ジョーのチキン・シャック」でのダンスに遊びに行き
土曜日の夜を目いっぱい楽しむ、自称「サタデーナイト・ブギウギマン」。
一夜で有り金叩いてしまったが、楽しかったからいーや、
宵越しの金はもたねーぜ的な歌は、
当時のインナー・シティの週末のお楽しみを大いに盛り上げたでありましょう。
躍動感、生命力にあふれた気風のよい一曲。




ジョー・リギンズは、元はボクサー志望だったシンガー&ギタリスト。
以前にも取り上げましたが「Drunk」も50年代のジャマイカのダンスで
人気のあった曲です。

お兄さんはジョー・リギンズで
彼の「Little Joe Boogie」、「Drippers Boogie」、
「T.W.A」、「The Honeydripper(キャブ・キャロウェイのカヴァー)」も
ジャマイカで人気でした。

で、「Pink Champagne」や甘めのチューンも得意だったお兄さんに比べて
弟のジミーは「Raw」なブルース、ブギーが持ち味。
歌、というよりはリズミカルで、随所でライムする
語り、しゃべくりに近いヴォーカル・スタイルは元祖ラッパーと言っても良いと思う。
題材も飾り気なしの庶民の生活に根差したものばかりなところも含め。
(こういったヴォーカルは彼だけではないですけれども。)


前述のチューンは「T.W.A」を除いては写真のアルバムでも聞くことができます。
ジョー&ジミーのリギンズ兄弟のそれぞれの楽曲を収録。
「Saturday Nite Booge Woogie Man」はシングルが中々見つからないので
ジミー単独の"Specialty"音源のアルバムもあったら買いですよ。


jimmy_convert_20130501133116.jpg


【 2013/05/03 13:35 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Washboard Special






【 2013/05/01 21:51 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |