音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Angela

前回の続き。

1959年、12月のTeenage dance Partyの週間トップ30では
ジャマイカ産の曲が二曲しか入っていなかったんですが、
ディケイドが変わって1960年の12月23日のトップ30には大きな変化がみられます。
前回ふれたランキングから約一年しか経っていないのに
チャート・インしているジャマイカ産の曲が10曲に激増。

インしているのは、
一位のメローラークス「Time To Pray」、
二位のキース&イニッド「Worried Over You」をはじめ
オウェン・グレイ「Mash It (Part2)」は8位、
バブラーズ「The Wasp」が12位、
セオ・ベックフォード「Easy Snapping」は14位ですが二週前には7位、
デリック・モーガン「Fat Man」24位(二週前には10位)、
ムーンライターズ「Julie」が17位、
クルー・J「Blues Blasters Shuffle」1週前に13位でこの週25位
など。
おっと忘れてた、ボリス・ガーディナー「Angela」が16位に入っています。
ガーディナー氏のデヴュー曲のようですが、こんなに前から活躍していたんですね。




ちなみにこの週の4位がアーニー・Kドゥ「Taint In The Truth」、
5位がファッツ・ドミノ「My Girl Josephine」、
他にサウンド・システム・クラシック系では「Raw Meat」、「Pageboy Shuffle」
「My Desire」、「Surely I Love You」、「Quaker City」
「You're Mine Oh Mine」などが上位30以内にチャート・イン。
サム・クックの「Chain Gang」が初登場で22位です。

この1960年になってジャマイカ産の音楽が大分増えてきて
しかも、ポピュラリティも急上昇、ということがうかがえます。
フォーム的には、まだアメリカのブルースの変化形といった感じですが
(メロー・ラークスのシャッフル「Time To Pray」は歌詞的には
ほとんどゴスペル)バックの演奏は既にジャマイカならでは
の個性があるし、他の曲も多かれ少なかれ独自色が感じられる。

このころ、アメリカのトレンドが変わってきたことにより
ジャマイカのダンスに集う聴衆の耳にかなうアメリカ産ブルースが
段々とゲット出来なくなってきたからと言われていますが
ここにきて一気に、という感じのチャートです。

それに加えて、
同時期のアメリカ、ビルボード・チャート
とこのジャマイカのJ.B.Cのチャートを比較すると、かなり違うので
面白いです。
1960年は勿論ですが、ほぼアメリカ産の曲ばかりの1959年のチャートも
ジャマイカ独特の並びであることがわかります。
ビルボードでは「Hot 100」にも入っていないリズム&ブルースが
ジャマイカではゴロゴロ年代問わず入っています。
ボビー・ライデル(Top Rankのライセンスでジャマイカ盤出ています)
などのアメリカ、ジャマイカのどちらのチャートにも入っている
アーティストもいますけれど。




【 2015/01/26 06:51 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Smoothe Operator

ジャマイカのラジオ局「J.B.C」、ある番組の往年の週間チャート

ー あのソニー・ブラッドショウさんの着想でスタートした
人気プログラム「Teenage Dance Party」のトップ30チャートです。
それまでは放送内容の65%くらいが教育番組と情報番組だった(今でも)お堅いJ.B.Cが
R.J.Rとの競争もあり、エンターテインメントにも力をいれなければ、
という理由でスタートした番組です。
とはいえ、公共のラジオ放送なので当時のインナー・シティのダンスで人気の曲を
100%反映しているわけではないでしょう。
が、当時のラジオとしては画期的な音楽番組で、年齢では八歳から老人まで、
そして、生活水準問わず様々な人たちから愛聴された
新曲、人気曲をプレイする内容だったそうです。
プレイされた曲がいけてるか、そうでないかを聴衆にジャッジさせるシステムも
番組内で採用されていて、それがトップ30を選ぶ際にも反映。
ちなみに、この番組のテーマ・ソングはアーニー・フリーマン「Beardman Shuffle」
正規のタイトルは「Live It Up」。
スキャタライツがカヴァーしていますね。 -


このトップ30チャート。
1959年と1960年、その約一年の間の変化が結構、劇的。

1959年の四月十二日のチャート上位30位の中でエントリーしている
ジャマイカ人はローエル・エイトキンの二曲のみ。
(「Come Back Jeanie」と「Boogie Rock」)
他は全て、一位のハル・ペイジ「Back To My Hometown」を筆頭に
ファッツ・ドミノ、ホークス、ロイド・プライス、スマイリー・ルイス、
ルイ・ジョーダン、などのリズム&ブルース系を中心としたアメリカ人アーティスト。
ただ、フィッズ・ヴォーン・ブライアンのカリプソ名曲「Evening News」が
14位に入っています。

また、サラ・ヴォーンのラテン調のチューン、
「Smooth Operator」が23位に入っているのも興味深い。

ナット・コールの「Rock'n Roll Come To Torinidad」
(コクスンが作ったジャマイカ盤シングルも有り)はジャマイカで受けたそうですが、
サラ・ヴォーンのこれも、同じ"なんちゃって"な軽妙なノリで人気あったんですかね?





で、翌年1960年、ジャマイカ、J.B.C のチャートがどうなったのかは、
次回に続く、です。




【 2015/01/19 18:09 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

収録レヴェル

大変参考になります。ご一読ください。

「収録レベルの話」

CDを聞くのは、ほとんど車の中でなんですが、
確かに昔のCDに比べて今のCDは音デカいのが多いです。
(同じヴォリューム目盛りで聞いた場合です。)

同じ音量なら昔のCDの方が音の抜けが良い、つーか
繊細さとメリハリがあっていい感じだと思う。
音楽の種類によっても違うので一概には言えませんけどね。

それと、
音楽をイヤホンで聞く人が多くなったことを製作サイドが考慮した結果、
収録レベルをブッ込んだCDが増えたような気もしますが・・・
でも、イヤホンで音楽聞く人はCDより配信等のダウンロード音源を聞いている人が
多そうなので、それは違いますかね。

ともあれ、テクノロジーは進化したけど
良い音を聞き分ける耳は退化した、と言えるかもしれません。

いや耳が退化したというより
この収録レベルの話は、CDだけの話ではなく
今の社会、人々の日常から、
じっと「耳をすます」という行為がなくなりつつあることを
象徴しているのではないでしょうか。

職業柄、難聴の方はしょうがありませんが、
今のところ私は、まだ耳大丈夫なので、今一度音質も気にかけ
音楽を聞いていきたいと思いますです。




【 2015/01/07 16:18 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

New Year



新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!
【 2015/01/01 18:09 】

未分類  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |