音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Pressing Matter

ジャマイカのレコード・プレスを取り上げたショート・フィルム。

チナ・スミスさん、お父さんがサウンドやっていたんですね。
当時、78回転SP盤で家の床がいっぱいだったと話す下りで(1950年代ですね)
口ずさんでいるのはサウンドシステム・クラシック、フランキー・フォード 「Sea Cruize」
まわりにいるのはフリーダム・サウンズ、ルーツ・トラディション・レーベル関係のエルダー。
昔、よくタフ・ゴングで会いました。

長らくレコードのプレスがストップしていたジャマイカですが
タフ・ゴングがプレスを再開するそうです。
フル・メンテナンスが必要ないセミ・オートマティックのプレス機が主流だったジャマイカ。
なので、昔の機械そのまま使うんでしょう。
ダイナミック・サウンズにも復活してほしいです。








【 2017/01/29 17:55 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Covers

これには、ぶったまげました!

是非ご覧ください。

(BGMは、私がシスコ時代に再発した「Brixton Cat」です。なつかし~)

「Retrace Reggae Record Sleeves In London」









【 2017/01/19 15:32 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Ammons Boogie

名門プレスティッジ音源、オリジナルは
1951年発売のすんばらしいサウンドシステム・クラシック

"ボス・テナー"、ジーン・アモンズ  「Ammons Boogie」
下の添付画像は、コクソンが造っていたジャマイカ盤シングルです。




イングランド盤の7インチ・シングルは"Starlite"レーベルから
オフィシャル盤として1960年に発売されています。
この約10年のタイム・ラグでわかるように
アメリカ発の音源がジャマイカ・サウンドシステムでの流行を経由して
イングランドに持ち込まれた例の典型ともいえる楽曲。
ちなみに、アメリカ盤シングルも今ではかなりレアーです。





【 2017/01/12 14:25 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

New Year


あけましておめでとうございます。

皆様に、ご多幸ありますよう。

今年もよろしくお願いします。






【 2017/01/01 16:52 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |