音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Enjoy Yourself



ジャマイカ音楽ファンには、プリンス・バスターがアダプトしたことでお馴染み。
オリジナルは、1949年のガイ・ランバードですが
バスターさんが聞いていたのは、ロイド・プリンス・トーマスのメント盤か
1950年録音のこっちでしょうね。








【 2017/02/26 20:20 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ハリー

細野さん、インタヴューです。

「最近、ライブでもブギウギをよくやるんだけど、ブギウギはロックとは言わない。
ブギウギ独特のリズムなんです。
それはロックだけやっているとわからない。8ビートでは解決できない。
これを、ミュージシャンたちに対してどうしても伝えたい」




【 2017/02/20 12:51 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Second Floor Rear


四弦ギターの名手として、
また自身のバンドにチャーリー・パーカーをフィーチャーしたこと
ジャズ・ファンに知られるタイニー・グライムス。

「Three Deuces」での、こんな物凄く貴重な映像が残っています。




グライムスさんは1950年代に入ると、ジャンプ、ブルース方面に
サウンドをシフトしていき、ブギウギのご機嫌なビートを効かせたものなど
ダンサブルな曲を多数録音、発売していきます。
その中でも
1954年の「Second Floor Rear」はジャマイカ・サウンド・システム・クラシック。
テナー・サックスは、
カウント・ベイシーとの共演で有名なシンガー、アーサー・プライソックの兄弟
レッド・プライソックです。








【 2017/02/06 12:15 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |