音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Blu Lu Lup


夏至は過ぎましたが、一年で一番日没が遅い季節を迎え
天気の良い日に古いジャマイカ・メントを聴きながら
フライ・フィッシュを食べたりすると束の間の南国気分。最高です。

つけあわせは、フライド・バミーで決まりですね。



ところで、メントと一口に言っても、様々なタイプがあり
ジャズっぽいのや、アフリカ色濃厚な物、ラテン風など
よーく聞くとヴァラエティ豊か。

曲によっては演奏を打ち込みにすればボーグル・ダンス流行以降の
ダンスホール・サウンドのリズム、サウンドに酷似したものも。
当時のデイヴ・ケリーやスティクリのトラックに顕著です。
歌、リリックもスキャの時代から90年代のDJまで引用や、その影響を
感じさせるものが散見されましたよね。


この曲はオールド・スクーラーなら、ナード・ランクスの大ヒットを思い出すはず。
(ナード・ランクスのほうの綴りは「Bruup 」だけどね)

ロード・フライ 「Blu Lu Lup」






【 2017/06/26 14:51 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

重慶森林


以下、野暮天で失礼。

映像的には
王家衛&クリストファー・ドイルへのオマージュ?
プラス 「ラ・ラ・ランド」の振り付けと長回しを折衷
(ちょっと「バード・マン」も入っているかな?)
プラス フォルダー5
の盛り合わせ

ダンスも歌も「ラ・ラ~」の出演者より、断然、満島さんの方がクールです。







【 2017/06/07 12:32 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Rastafarian Love


1960年作、ロード・ラロ 「Rastafarian Love」

「ラスタファリアン」を題材、歌詞に取り上げた曲としては
最も古い曲でしょう。
(ラスタを題材にした曲がおおっぴらに沢山歌われるようになったのは1970年代に入ってから)

ラロさんは、トリニダッド人で、トリニダッド軍に入隊した後に転属で
(まだイギリス領だった)ジャマイカに来たんですね。

転属後、「歌える兵士」として注目されていた彼を
ジャマイカ・フェデラルのケン・クォーリがスタジオに連れて行きレコーディング。
他にも1961年の時事ネタ「Jamaica Refederation Calypso」がブレイクし
ジャマイカのラジオ番組にも呼ばれたりして人気者に。

1962年頃にはジャマイカ人と結婚して、そのまま暮らし続け
後年は北海岸のホテルなどでパフォーム。今はモベイに住んでいるようです。
レコーディング歴も長く様々なレコードをジャマイカでリリースしました。
ある意味、ジ・アナザー・サイド・オブ・ジャマイカン・ミュージックを体現した歌手と言えるかも。




【 2017/06/02 14:10 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |