音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Jazz And Blues

コクスンやデューク・リードの作ったスカ・ミュージックを
「あれはジャズだ。ジャマイカならではのオリジナリティが足りない。」
と言ったのはプリンス・バスター。
言いたいことは、よ~く解るつもりですが、音楽の良し悪しはそれとは別の話だよね。

まあ、それはそれとして
スカの楽曲は意外と
「ブルース形式のジャズ」をネタにしたチューンが
スタジオ・ワン、デューク、その他も含めて少ないっすよね。
(勿論、バスターのところにもないですが。)

スカはそういうとことは又違った世界の音楽だとは思いますし、
何となく理由がわかる気はするんですが
説明すると長くなるんでやめておきます。


え~、一言に「ジャズ」とか「ブルース」と言っても
それぞれに様々なタイプの「ジャズ」、「ブルース」があるため
細かく分類しようとすればするほど、逆に「ジャンル」の枠にはめる事の意味、
その事に対しての疑問が浮かんできます。
昆虫採集しているわけじゃないからね。

これは、どんな音楽にも言えることで、
(当たり前ですけれども)どんな名前で呼ばれるか、
よりも音楽、楽曲そのものが良いのか、そうでないのか、が大事なことですよね。


とはいえ、以下のような話もあります。

ソニー・ロリンズやマイルスの名盤で有名な「プレスティッジ」レーベルを設立した
ボブ・ワインストックさんはかなり(いい感じの)適当かつラフな方で
レコーディングのネタに困ると、きまって言うセリフは
「じゃあ、ブルースでも一曲レコーディングしておこうか。」
いつもそう言うので、アーティストを呆れてたようです。

あまりに頻繁にそう言うので、レコーディングに同席していた
名エンジニアのルディ・ヴァン・ゲルダー氏は、そうやって製作されたブルースを
(ボブさんがそう言い始めるのが、いつも午後五時過ぎだったことから)
「アフター・ファイヴ・ブルース」と名付けたそうです。

とか、

コルトレーンがリズム&ブルースのバックバンドにいた頃、
「ホンク」しているところを知り合いのジャズ・ミュージシャンに
見られて、とても恥ずかしそうにしていた。

とか

また、別のエピソードですが
デューク・エリントンさんは「私の音楽をジャズと呼ぶな。」
と言ったことは有名な話ですよね。

       

        blues.jpg

「ジャズはブルースだ!」

”からみ合う黒人音楽の二大源流に境界線はいるのか ”

現在発売中の「Blues&Soul Records」


特集の冒頭、
「ブルースとジャズはどうちがうの?
こんな素朴な疑問にぶつかった経験はありませんか?
ブルースとジャズは黒人音楽を代表するジャンルですが
両者の関係が語られることはあまりないように思えます~」

と記されているとおり、多角的にこの二つの音楽に迫っています。

"スウィングしていれば、ジャズで
シャッフルしていればブルースだ、とは一概には言えない"
このことを解説した「ビートからみるブルースとジャズ」、

佐々木 健一さんが、プレ・モダンのジャズを紹介した
「私の好きな ”クサい” ジャズ」

などなど
この本でしか読めない濃厚な内容。
ですが、難解なカタカナ、専門用語を極力使わずに、
わかりやすく説明してくれているので
ビギナーの私でも大体理解できたし、なにより読んでいて楽しい。
どんどん音が聴きたくなってきます。

ブルース&ジャズ、この両方にゆかりの深いアーティストについても
個別に触れられていて
アーチー・シェップ氏も自分の音楽が「ジャズ」と呼ばれることを
嫌がっていて、「ではなんと呼べばいいのか?」と問われたときに
「ブルースだ。」と答えたというエピソードも載っています。

(原田和典さんの当誌の連載、「魂(ソウル)ブチ抜き音楽」でも
シェップ氏の話が出てきて、これが傑作。
近年のインタヴューで、「貴方の長年にわたる黒人向上の為の音楽活動が
身を結んできているのではないでしょうか。最近は黒人ミュージシャンの地位が
向上してきているように思います。ウィントン・マルサリスとか・・・」
と問われたシェップ氏の反応は
「オレはああいうブラック・ブルジョアを生み出すために活動してきたわけではない。
アフリカン・アメリカン・ミュージックってのはダイナミックなものなんだよ。
それをクラシカル・ミュージックのように扱おうとするなんて、
どうかしているんじゃないのかな。」)

そして、なんと親切にもこの本には全十六曲収録のCDが付いていて
その内容は、チャーリー・パーカー、ベン・ウェブスター、アール・ハインズ、
ミンガス、エルヴィン・ジョーンズ、グラン・グリーン、
アースキン・ホーキンス楽団、ダイナ・ワシントン、ワイノニー・ハリス、
ジミー・ウィザースプーン等のブルース名演集。

1942年から1959年までの幅広い期間から集められた演奏を聞くと
一口に「ブルース」と言っても、様々な表現があるのだな、
と改めて実感できると思います。

「う~ん、でも何かピンとこないな~。」
という人もいるかもしれませんが別に心配要りません。
この本の文中でも、中河伸俊さんがこう書いています。
「ジャズとは何か、ブルースとは何かをいざ説明したり
実際に定義しようとすると結構むつかしい」

中河さんは続けて
「今はジャンル分けされている両者が、昔むかしのベッシー・スミスの時代には
ダンスとエンタメの音楽としてほとんど一体であったことははっきりしている。

バップ以降、ジャズ(と呼ばれるものの少なくともある部分)が
どんどん芸術化の一途をたどり、両者の区分に見えやすい根拠ができた。

にもかかわらず、ジャズの中には演奏のフォーマットや素材として

そして、フィーリングのルーツとしてのブルースがしっかり残っている。
それはジャズという音楽形式の本性がそうさせるのだ、と私は思う。」
としています。
基本的には、大筋、私もそういうことだと感じていますので
あとは個別のアーティストがどのような「ブルース」を表現しているか
どんどん聞いて、味わうだけですよね。

【 2011/11/28 23:20 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)