音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

仮説がないと修正できない。

内田樹さんの「内田樹の研究室」より

”さて、私の個人的経験からして、
これまでのところのかなり「打率」のいい仮説の一つは次のようなものである。
「はたからは邪悪で愚鈍に見える行動の多くは善意と熟慮の産物である」
これはほんとうです。

だから、そのような「はためからは支離滅裂に見える行動や思考」を
理解するためには、行動者たちの内面で活発に働いている「善意」と「熟慮」に
フォーカスすることが有効である。

ほとんどの場合、組織のゆくえを誤るほどにつよい指南力を発揮できる人間は、
主観的には「善意」であり、客観的には「わりと賢そう」な人なのである。
だから、始末におえないのである。”



【 2012/05/09 23:18 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)