音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Midnight In Paris

midnight-in-paris+2_convert_20120530133656.jpg

「Midnight In Paris」



この「世紀のホラ話」、ラストはどうするのだろう、と思いつつ観ていたのですが
綺麗な、かつ余韻の残る締めくくりでお見事です。

相変わらず、笑える場面がたくさんありますが
往年の「きっつーい」毒吐く、じゃなくて独白に顕著な
NYのユダヤ系の人ならでは、のある意味 相当にタフな人でないと笑えない
(という形容でいいですかね?)
独特のユーモアは、控えめかな。(それでも強烈なのは少しありましたが)

なので、彼の映画は本当に苦手だ、という人以外は存分に楽しめるでしょう。

「あ~、あの頃のあそこは、とか、あの頃の何々は最高だったな。」と
過去ばかりを賛美しがちな方々、
”黄金時代症候群”の方は鑑賞後、心地よいショックをうけるかも知れませんね。



「Taxi」シリーズのころからファンのマリオン・コティヤールが出演、
良い演技で、オレにとっては、それもとても嬉しかったですね。

midnight_in_paris_convert_20120530133854.jpg



v_midnight_in_paris_001_a_convert_20120530213813.jpg



あ、それと先月ふれた「ル・アーヴルの靴磨き」が
なんと先週からアンコール上映されています
ので
見逃した方は是非。

極端に装飾のないセリフが特徴の映画ですが
警部役のセリフには注意をして鑑賞すると良いのではないでしょうか。
鑑賞後、「う~ん」とうなりますよ。


【 2012/05/30 00:25 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)