音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

まつりごと、どこへ

「基地、TPP、地元候補は争点にせず」




今日、仙台駅東口のビル十八階からふと外に目をむけたら
(オレ飛行機は大好きですが、高いところは得意じゃないので、
普段はあまり目を凝らして外をながめたりしないんですが。
つーか十八階に昇る用事自体滅多にないけどね)
仙台市のある地点から海に向かっての広い地域は未だ何もないのが見えました。
海もハッキリ見える。


河北新報の「政どこへ」
(クリックすると全文読めます)

「復興予算の規模は、11年度から5年間で19兆円に上る。
 大震災の傷痕を復旧する。被災者の暮らしを立て直す。
被災企業を再建する-。予算はそうした事業に使われるとばかり思われたが、
実際は被災地とは関係のない事業にもつぎ込まれていた。
 外務省は青少年交流事業に72億円、農林水産省は反捕鯨団体の監視活動に23億円、
公安調査庁は車の買い替えに2800万円…。
政治は省益に走る官僚を止められず、事業を認めてきた。」

「宮城県女川町の離島・江島(えのしま)。
住民は飲料水を石巻市内のスーパーなどで購入し、
巡航船に積んで自宅へ届けてもらっている。送料は自己負担だ。
 海底に敷設された江島への水道管は地震で壊れたまま。
11月下旬、やっと新しい水道管の敷設工事が始まった。
総工費約8億4000万円、完成予定は来年3月下旬。
島民が蛇口から出る水を安心して飲めるようになるには、震災から丸2年を要する。」



また、内陸の折立、緑ヶ丘地区等は大規模な地滑り、山津波で
危険な状態の家屋が数多い。
昨年、四月、五月にエダノさん、レンポウさんが続けて視察に来て
「これは大変だ。早急に手を打ちます。」などと言ってましたが
それっきり。予算(全国の人たちから集めた税金)をとって後は自治体に任せた、
ってとこでしょう。
三次予算が決まったのは十一月だったけどね。
その後も、仙台市と宮城県が協議している間に時間は過ぎて
やっと大まかな方針が出たのが今年の六月・・・

みなさんご存知の通り、オレは偉そうなこと言えるような立派な人物では
断じてありませんが、いくらなんでも時間かかり過ぎだよな。
時間をかけて決めるべきことを「まったなし」といってるわりに。
先にやらなければならないのは、困っている人を助けることだ。


【 2012/12/06 20:47 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)