音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

The Day He Arrives

先日、ベルリン映画祭で特別表彰された震災後の陸前高田を題材にした
「先祖になる」が三月二日から桜井薬局セントラル・ホールで上映されます。
他にも三月三日から十六日まで「震災関連映画特集」があります。


で、二月十六日からは蓮實氏が絶賛した「シルビアのいる街で」
(電車の中のシーン、その映像は目を疑うほどの素晴らしさ)
のホセ・ルイス・ゲリン監督の四作品と
「韓国のゴダール」、「ロメールの従弟」と言われるホン・サンス監督の四作品を上映中。

谺。縺ョ譛昴・莉紋ココ_convert_20130224225951






中でも、ホン・サンス監督の「次の朝は他人」は凄い。
(しかし、前述の「ゴダール~」、「ロメール~」うんぬんの形容に「ゲッ」と思った方、
と一般的な、いわゆる韓流映画が好きな方にはおススメできません。
たぶん、多くの人が眠くなるかも)

映画は、一見さりげなく進行している風
(なのは、おそらく、ある事柄を"あえて言い落としている"、というよりは
それを"わかり易くは示唆していない"から)
だが、時間の流れが異様。
あるところから「グイッ」と時空間がねじまがる、パラレル・ワールド的な世界。

なので、
村上春樹さんの小説、特に初期のものも思い出さずにはいられませんでしたね
個人的には。





【 2013/02/24 22:26 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)