音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ドキュメンタリー

映画「アクト・オブ・キリング」

町山智浩さんが、早くも今年2014年の暫定ナンバー・ワンと評した映画で
四月から上映予定。


インドネシア(赤坂ニュー・ラテン・クォーターに勤務していたデヴィ夫人が
とついだ国ですね。)を舞台としたドキュメンタリー作品ですが、

「実際の大量虐殺者に、カメラの前で自らの殺人を演じさせるという前代未聞の手法は、
証言と資料のみで構成される一般的なドキュメンタリーとは大きく異なり、
出演者と観客の両方に、大きな衝撃を与えることとなった。

出演者は演技(=アクト)を楽しむうちに、自らの行いを追体験し、
あるいは仲間たちが演じる様子を見ることで、彼らは人生で初めて、
自分たちのした行為(=アクト)に向き合うことになる。
過去に類を見ないアイディアと勇気を持ったこの映画は、
長く恐怖に支配されてきたインドネシアの歴史に大きなインパクトを与えたのはもちろん、
単なる告発ドキュメンタリーを超越し、「“悪の正体”とは、“悪”とは何なのか」、
「人間の本当の恐ろしさとは」、という全人類にとって普遍の問題を、
我々の眼前に突きつけた。
それゆえに、世界中の至る所で、これほどまでに強く人々の心を揺さぶり続けているのである。」

という内容で

今までにない、とんでもない映画であることが予想できます。



【 2014/03/02 05:20 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)