音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

The Foundation Sound

多分七月初めになるかと思いますが
"Soul Jazz"からスタジオ・ワン音源のコンピが発売されます。

「 STUDIO ONE DANCEHALL
- Sir Coxsone In The Dance: The Foundation Sound」

日本盤CDの解説は私が書きますので、どぞ よろしく。

今回は70年代後半の音源中心。
当時全盛のチャンネル・ワン等、他プロダクションのヒット・チューンのバック・トラックが
スタジオ・ワンの過去の作品をリメイクしたものが数多いことに業を煮やした
コクスンがオリジナル・トラック再利用、「スタジオ・ワン・ラバ・ダブ」で
反撃にでていた状況も垣間見せる好内容。

スタジオ・ワン・ヴァージョンの「スタガラグ」も収録されていますし、
全然「ラバ・ダブ」ではないですが、この素晴らしい曲も!






特に70年代~00年代まで、いや現在に至ってもという形容が適切かなと思いますが
スタジオ・ワンのリズムは有名、無名問わず様々なプロダクションにリメイクされ
(ジャマイカ国内の著作権に対する関心がたかまるにつれ)
後年はスタジオ・ワン側もそれに対して神経をとがらせるようになったようです。
自分らがアメリカの曲をネタにしたことに関しては半ば知らんぷり(苦笑)のようですが。

私が仕事でジャマイカに住んでいたころ、こんなこともありました。
毎週木曜日だけオープンするスタジオ・ワン
には、ほぼ欠かさず毎週でかけていたのですけど、(暇だったんでw)
レコードの調品を終えて一階でコクソンさんや爺ちゃん、オッチャンたちとだべっている時の
BGMは大体アイリー・FMなんですね。
当然、当時(1994年ころ)の新曲、ヒット曲のダンスホールがバンバンと
プレイされているわけです。
そうするとね、爺ちゃんの一人が出たばっかの曲を聴いて
「お、これなんか聞いたことがあるな。」とかいう訳です。
ほんで私が「これは”Sweet Talking”のリズムをリメイクしてんじゃん。」というと
爺ちゃんは「”Sweet Talking”ってなんだっけ?」とか言うので
「ほら、あれだよ、ヘプトーンズ」というと「おー、そうだな!TKよくわかるな」などと
感心されたりしてね。
そして、同トラックのチューンがジャグリングで何曲も流れていると
そのうち「ところでこれは誰が作ったんだ。」って話になってきて
「TK、誰だこれ?もうでてるんだろ。」(彼らは私がキングストン中を回っていて
独立プロダクションからもレコード仕入れているの知ってましたから)と聞かれ
「うーん、(あまりだれがやったかはインフォームしたくなかったんで)
えーと、どこだったか、あまり覚えてないな。
バービカンの方で仕入れたような気がしないでもないかなー。」
とかなんとか御茶をにごしてたら

しばらくして、曲を聞いていた一人がこう言ったんですね。

「ファティスだな。あの野郎」。(ピンポーン!正解ですw)

コクソンが「ファティスってレーベルはどこだ?」、「電話だ、電話」
「まったく、最近はジャーメインだけじゃなくて、どいつもこいつもパクリやがって」
という話になったところで、私は”そろそろ帰った方がいいベー”と察し、
「じゃ来週!又ね、キープ・イン・タッチ」なんて感じで
おいとまさせていただくことにしました。フー・・・・・

それで
そのあとは木曜日のいつもの買い付けのコース
(ブレンフォード・ロードからは近いんですからね。)
ペントハウスに新譜の集荷に行ったら
ジャーメインさんが珍しくレコード販売セクションのターンテーブルに
LPレコードのせて丹念に一曲、一曲を聞いているとこに遭遇。
「ここでレコード聞いているなんて珍しいな。
(いつもは別室の奥にいることがほとんどでしたから。)
何を聞いているんだろー。」と思い、レコードをチェックしたら
ローン・レンジャーのスタジオ・ワンから出されているLP
「The Other Side Of Dub」でした。
アハハ
でもこれ、実話です。次のネタ探していたんでしょうね。



【 2014/06/05 17:30 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)