音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

アブラカタブラ

先日、といっても一ヶ月くらい前
平日にポカーンと時間が空いたので映画「シェフ」観てきました。

アイアンマンの監督が
「もう大資本のシリーズ物よりも自分の撮りたいものを映画にしたい」
みたいな感じで自ら監督、脚本に主演まで務めたという話だったので
期待してみたのですが、大変面白かったです。
ニューオーリンズのシーンで流れる音楽もご機嫌。

だったのですが、上映前に驚いたことが一つ。
その日の劇場は市内の大きくはないシネコンで
ここはハリウッドや邦画の大作、人気作だけでなくインディーの良作や、
アジア、ヨーロッパの一昔前には「ミニ・シアター向け」と呼ばれた映画も
数多く上映しているのですが、場内に大勢の、ホントに大量の女子高生、
女子中生の集団があふれていました。後から後から続々と数が増えていく。
普段では考えられない驚愕の光景です。

「なんだ、これは?」、
春休み?とはいえ平日の昼間に彼女たちは
何を観に来ているんだ?
いや、アイドルが来て舞台挨拶でもするのかな、と思い
プログラムを観てもそれらしいアイドル出演映画の上映はなし。
ま、まさか、ゴダールの3D新作?
な訳は当然なくて
(その時点ではまだ上映されていませんでした。上映されていてもあり得ませんが笑)

うーん、謎は深まるばかり。

皆さん、彼女らは何を観に来ていたと思いますか。


それは、「あと1センチの恋」でした。
知ってました?
オレは後から知ったのですが、この洋画は口コミならぬ、SNSで評判が広まり
女子高生の間でロングラン・大ヒット。
というか、あの状態は近年稀にみる超大ヒットだな。
この映画のなにが、これだけ大勢のJKにアピールしたのか。
DVDになったら、観てみようかな。
すみません、うそです、たぶん見ないと思います。




jlg_convert_20150307164052.jpg

という訳で「さらば、愛の言葉よ」の前売り買って帰ったのですが
前売り券購入の特典で巾着袋もらえてラッキー。

このお洒落?な青い袋、正確にはCaCa 袋だそうです。
すなわち犬の雲古をいれる袋ですね。
さすが、ゴダール。
頭の悪いオレには面白いのか、そうでないのかよくわかりません笑
でもね、年長者から「エセ左翼」、「つまんねー」
若者からは「何がなんだか?なんで観るのこういうの。意味わかんねー」
「観てるやつらはカッコつけてるだけだろ」のように言われてるような
言われてないようなこの状況で我らバブル世代がゴダール観ないで誰が観る。
どうする、しかも3Dだってよ、と勝手な使命感に燃え、前売り買ったんですね。
正直、また途中で寝るだろうなと思いながら。
我ながら超苦笑・・・

しかし、実際に劇場で観た際は、
20代の人から、上は(一寸怖そうな)70歳を優に超えていると思われる方
まで老若男女、幅広い客層でした。
神通力は健在、といったところでしょうか。

内容もすんばらしくてですね、白いコートに黒いシャツ、黒いハットの
男女が緑の芝生をバックにして座っている場面なんかの「絵」というか「映像」
などは、この人ならではのとんでもないカッコよさ。
通常の3Dとは全く違う映像。こんなの観たの初めてだ。
最初の10分、いや3分でもうヤバい、と思いましたね。
これから、美術関係というか広告関係の人たちはパクリまくるんじゃないかな。


ただですね、3D映画を見たことが皆無という方は「ほう、3Dってのはこういうのか」
と勘違いするかもしれないので(まあ、そう感じる人いないでしょうけども)
普通のハリウッド産等の3D映画を観てから行った方が良いかもしれません。

ともかく
映像だけでも、もうこれは最高だなと観ていたんですが
「アブラカタブラ、毛沢東、ゲバラ」をはじめ
”シリアスなんですか?いや、実は、本当は笑わせようとしていますよね?
誰もわらっていないけど”的なゴダール節のダイアローグ、シーン
も堪能できて個人的には大満足でありました。



【 2015/03/25 16:46 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)