音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Tenor In The Sky



1953年録音、キング・カーティスのデビュー・シングル 
キング・カーティス&ヒズ・テナー・サックス・ウィズ・オーケストラ 「Tenor In The Sky」

メルヴィン・ダニエルズがヴォーカル、キング・カーティスがバックを務めた
(ジャマイカでは「Good Music On My Radio」と呼ばれていた)
「No More Crying On My Pillow」とカップリングされたダブル・サイダー・シングル。
両曲ともに1950年代のジャマイカ・サウンド・システム・クラシック。
ブランク・レーベルのジャマイカ盤も存在します。

勿論、オリジナルはアメリカ盤ですが、アメリカで大ヒットしたレコードではないので
市場に出回ることは極めて稀。
探している人は少ないが、欲しい人は猛烈に欲しがる、といった類のメイニアックレコードなので
過去のオークションではUS215ドルで落札されたものもあります。

私はブルックリンのレコード屋で両面のレーベルが見事に破られスクラッチされた
アーティストもタイトルも一見ではわからないアメリカ盤
(ジャマイカから流れてきた、いや戻ってきたのでしょう。逆輸入?笑)
を10ドル弱で購入しました。
保管状況がうかがえる汚い見た目と裏腹に
(発売は60年前ですから経年劣化と擦れによるヒスは少し入りますが)
磨いてみたら音圧が物凄く高い、他のレコードでは聞いたことのないような
レベルのダイナミックな音が飛び出してきて、ビックリしました。
人気、高値の理由はこの素晴らしい音質にもよるのでしょう。
たまにこういうとんでもなく音がいいレコードが出てくるからレコ探しやめられないんだよな~。






【 2017/04/18 15:01 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)