音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Maria Elena

スカ、ロックステディのファンにもおススメのラテン パーカッション インストゥルメンツ。
まじ、物凄くいいっす!

ザビア クガート 「Viva Cugat !」Image083_convert_20081018205712.jpg
フィリス ディロン 「Perfidia」
ローランド アルフォンソ 「Maria Elena」(コクスン)
バスターのとこから出たレイモンド ハーパー 「Africa's Blood」の雛型になった「Jungle Drums」
(同じく「Jungle Drums」をカバーしたTop Deckのババ ブルックスが最近再発!「Distant Drums」!
B面のラリー マーシャルも含め超最高です!!!)

などジャマイカンもカバーしたナンバーがズラリ!

おっと、「Peanut Vender」もはいってました、これが又いいんだ!

「Perfidia」はアルバート ドミンゲス作でナット キング コールが
「Maria Elena」はロス インディオス タバレスが
「Jungle Drums」はアーティ ショウがそれぞれ世界的に大ヒットさせた楽曲。

このアルバムに収録されているそれらをカバーした素晴らしいラテン アレンジヴァージョンは
”ブギー”、”リズム&ブルーズ”らと並んでジャマイカ スカのルーツであることが
聞けばよーくわかると思います。

しかも!このヴァイナルはスゲー音いいんですよ。
悪いけどCDなんか目じゃないです。
約五十年前にプレスされたレコードなんだけどね、ヤバいっす!

本作収録の「Siboney」
これも誰かジャマイカ人がカバーしてたと思うんだけど・・・
知ってる人、教えてください!
【 2008/10/18 21:10 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)