音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

A Christmas Gift For You

クリスマスが近付いてきましたが

Image100_convert_20081217172012.jpg

古今東西、クリスマス アルバムの名盤として讃えられているのはこれですね。
Image098_convert_20081217171756.jpg
「A Christmas Gift For You From Phil Spector」

「Be My Baby」のロネッツらが参加したオムニバス。
曲自体は有名なクリスマス ソングばかり。
どの曲も素晴らしく優秀です。

中で一曲だけ、オリジナルがあって
それが「Christmas (Baby Please Come Home)」
これがスゴイ。
まさに熱唱、名唱。
この曲を歌った D ラヴに最大級のリスペクト。
この歌あっての名作です。
(映画”グレムリン”の冒頭部でも、この曲が使われています。)

正直言って、”クリスマス アルバム”と呼ばれるものの殆ど全てが
「クリスマス時期にBGMとして使える」という基準を越えるものではないですよね。
(それで良いんですけど。クリスマス用なんだから。)

でも、このアルバムは違う。
大瀧 詠一さんが書いたライナーにもあるけど、
いわばコンセプト アルバムの先駆けとなった画期的なアルバム。

あの強烈なオリジナリティを放つフィル スペクターの”ウォール オブ サウンド”。
このアルバム中で、その独創性はある意味破壊的なレベルにまで達しています。
ポップ ミュージックの凄味を体感できますよ。





で、
一般のご家庭にはこれをお勧め。
「The Season For Mircles」 スモーキー ロビンソン アンド ミラクルズ
Image099_convert_20081217171904.jpg

優雅な歌とサウンドでどんな人にも楽しめるはず。
派手さはないですが、落ち着いた粒ぞろいの楽曲が揃っている。

そして、最後に収録されている曲のメッセージは今のこの世の中にも響きます。
【 2008/12/17 18:05 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)