音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

よいお年を!



今年は
このブログを始めちゃったり、柄でないこともたくさんやって
楽しかったですね。

素晴らしい日本訳で出版された「ベース カルチャー」を読んだのがきっかけで
スカ誕生以前(以後も)ジャマイカのダンスで愛されたジャイブや、リズム&ブルーズ、ラテンを
本腰いれて探究した年でもありました。

モータウン興隆以前のアメリカン ブラック ミュージックについては
知らない事が多かったので、四十年代、五十年代の名作はどれも
個人的にとても新鮮に響きましたね。

しかも、
その非ジャマイカン ミュージックのオリジナル サウンド マン クラッシックスを探していると
ジャマイカの音楽ではないのに当時発売されていたジャマイカ盤がザクザクと出てきて
いろんな意味でエキサイティングでスリル満点。

実際に現地のサウンドでプレイされていたと思われる盤も数多くオレのところにやってきました。
(こんなに音質の良くない盤にまとめて出会ったのも久しぶり。
でも、中にはオリジナルよりマッシブで良い音で鳴るレコードもあったりして
ほんと不思議でおもしろいっすね。)

そんな感じで、このブログでも少しずつそれらを紹介しましたが
一番反響があったのはこれ。

「I Want A Roof」 まだ、読んでいない方はよかったらクリックしてみてください。


え~、
プリンス バスターもリスペクトしまくりの
オリジナル サウンド ”トム ザ グレート セバスチャン”
(バスターが客として行って最初に衝撃を受けた最初期のサウンド@ダウンタウン キングストン)
十八番はファッツ ドミノ 「Mardi Gras In New Orleans」だったそうで
この曲がかかるとダンスは最高に盛り上がり、
バスターも自然に体を動かさずにはいられなかったと回顧していましたよ。

ジャマイカ人の耳の良さには驚かされっぱなしです。

そのファッツ ドミノのチューンのオリジナル
プロ フェッサー ロング ヘア 「Mardi Gras In New Orleans」
新年を迎えるにあたっても、ふさわしい一曲です。
(自画自賛)
それでは、みなさん良いお年を!


【 2008/12/31 12:15 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)