音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

「足に、魂込めました」

昨日の中国戦、荒れたね。

と言うよりは、中国乱れまくり

ああいう試合、たまにあるよな。ちょっと、度を越していたけど・・・

でも昔、アジアカップ準決勝でキーパー松永(以下敬称略)が
全然プレイと関係ないとこで、中国選手の頭を蹴った事あったよね。

もち、一発退場・・。あの試合はほとんどノーガードの蹴りあいでしたね、文字どうり・・。

交代キーパー入れる為に代えられたキーちゃん(勝ち越しゴールをその前に
入れてたのに・・)も荒れてたね!面白いぐらい。

交代キーパーの前川と代わってピッチを出るとき
前川は先輩なのに、頭こずいてたもんな!(結果3体2で勝利!大変な試合だった。)

とにかく!昨日の選手は偉かった!本当に冷静!

中国選手と違い、落ち着いていた。
ダークサイドに引き込まれず、よく踏ん張った。
特に中澤!冷静沈着!なにしろ、面構えが違う!

みんなクールでよかったぞー!
もしかして、一番熱くなっていたのは岡田監督かもね。

昨年の暮れに撮られたものですが、あまりに素晴らしいので写真を一枚載せます。
071214st20071214041_MDE00011G071214T.jpg


あのフランスワールドカップ直前の出来事から月日が経ちました・・・。

あの時のカズにとってワールドカップに出る事は、
彼の人生のほとんど全てだった事でしょう・・。

岡田監督も、それを痛いほど知っていたはずです。

あの時の二人の心境は、いかばかりだったのか。
常人には想像できない壮絶なものだったと思います・・・。

二人は、最終予選時から凄まじい誹謗中傷にさらされていたのを覚えていますか?
自宅に脅迫状まで送りつけられたそうです。

オレは忘れません、自戒の念も含めて。(一般媒体に何か批判を書いたわけではないけど。)
あの最終予選時、関係者も、サッカーファンもパニック起こしてたもんな。

Gloria が開店したのは、丁度その真っ只中。
オレも、超ドタバタしてました・・・。今思えば。

最終予選UAE戦後、不甲斐ない試合に荒れ狂うサポーターの大群集。
批判の矢面に立たされたカズが、たった一人で彼らの中に飛び込んで行こうとした・・・。
あの気概、あの光景。

岡田監督も大変だったよな。
Jリーグの監督もした事ないのに、いきなり非常事態をまかされて・・

サッカー協会メチャクチャだよ。(あの時のサッカー協会に対する認識は変わりません。
フランス行けたからいいようなもの、誰が見たって結果オーライの無計画な人事。
選択肢自体無かったてのも、今考えてもひど過ぎ。)

と、長年思っていたのだけれど・・・。


最近は、こう思う様になった。

あの物凄い逆境に耐えられる精神力を持っている人物が、他にいたのか?

岡田さんしか、いなかったかも。

そして、オシムさんが急に倒れた後、
みなさんは、誰がこの事態、急場をしのぐ事ができそうだ、と思いました?

多くの人の頭をよぎったのは、あの顔だったと思います。
そう、メガネの。

あの無計画な人事が、ここにきて意味深くなってしまったのか・・・。
人生って本当に良く出来ていると言うか、不思議と言うか・・・。

まるで、筋書きがあったみたいだよね。

カズも、ワールドカップに出てたらもう引退してたかも。

たられば、が無いのは十分承知してますが、
もしカズがフランスでメンバー入りしていたら、
ベンチスタートで途中出場の可能性が大だった。

それでも、彼は力を振り絞ってプレイしたはず。
だって、ワールドカップに出るために全てを捧げてきた様な人だったのですから・・・。

でも、その目標を達成していたら、こんなに長くプレイしていなかったんじゃないかな。

そして、こうは言えませんか?出場出来なかったから、今も輝いている、と。

kazu.jpg


求めていたものが、手に入らなくても
実はそれが幸運である、と言う事の素晴らしい実例ですね!

今の彼を見るとそう思います。

ワールドカップに出れなかったから、
新しい何かを見つける事が出来たんじゃないでしょうか。

今の彼は全盛期以上に特別な存在になっている。

フランス後のカズ、特に最近の彼から感じるのは
「サッカーが出来る喜び」、その純粋な気持ち。

その姿は、時に少年のよう!
シンプルなその思いが、敵、味方、ファンの胸をうつ。

ピッチに、そこに立っているだけで、
”どんなドラマも敵わない、素晴らしい現実”を体現してるよ。

本人はずっと、サッカーを楽しんでいるだけなのだろうけど。


世の中、本当に何があるのか、先になってみないとわからない。
不思議としか言いようがないっす・・・。


しかしながら、今までの彼の足跡を考えると感動を覚えますよね。
絶対に弱音、ぐちを吐かない明るい選手だけど、
単身中学生で渡ったブラジル時代から現在まで、つらい事は山ほどあったでしょう。

それこそ、山ほど・・・。

でも、この笑顔。二人とも男の中の男です。

十年前に、今の二人の状況を予想できた人は一人もいないよね。
感動っす!!

すんません。昨日、久々に岡田監督の鬼気迫る表情見たので長くなっちゃいました。
駒場で、レッズの永井と本気でヤリあってたのも思い出しましたね!!!

【 2008/02/21 23:52 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)