音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

People Get Ready

今日、車を運転中のこと

全く、たまたま 何の気なしにFMラジオをつけたんだけど
とある日本のアーティストが、こんな話をしていました。
”( )内はオレのツッコミ、と言うか 独り言です。”

「・・・なんで、カーティス、インプレッションズかと言うと~
今までは、聞かなくてもいいかな、と思っていて(えー、マジかよ。ま、人の勝手だけどさ。)
聞いたこと無かったんですよ。
でね、ある時、偶然「People Get Ready」を聞いて鳥肌が立って。
それから しばらくの間は「People Get Ready」ばかりを
一日に何十回も聞く日々が続きました。
そらで歌えるようにまでなりましたね。
(オレも歌えるよ。)
ブラック ミュージックってスゲーなと思ったんですね。
(それはホント、良かった。この方にとって新鮮な大発見だったようです。)」


そしてその後、オリジナルのインプレッションズのテイクがオン エアされました。
比喩の多い詞だけれども
それでも、なおかつ情景が目に浮かぶ素晴らしい歌です。
真昼間から、えもいわれぬ気持ちになりましたね。

”感動”というものは、特別なことがなくても
それに気付くことさえできるのであれば
すぐ身近にあり、時に偶然に出会えるものなのかも知れませんね。
なんつって。


ところで、今更この歌の歌詞について うんぬん言うのも野暮なんだけど・・・
「People Get Ready」の歌詞について ひとつ。

この詩が”安息地”への憧憬を歌ったものだ(例えばシズラ 「No Pain」がそういう歌です。)、
と思う人も中にはいるでしょう。
いや、以外にそう聞きとる人が多いようですね。
(それを知ってオレはビックリしました。まあ 確かにそういう部分は歌詞中にあります。)
逃避的、とまでは言わないまでも それに近いニュアンスがある歌だ、と思っている方も
いらっしゃるようです。

勿論、歌詞の解釈は人それぞれで良いと思うし、色々な解釈があるほうが自然な事でしょう。

なので、私見を言わせてもらえば
オレはこの番組の司会者が言っていたように
「ひとりひとりが立ち上がれば、大きな力になる。動かせなかったものも動かせる。」
という歌だと思います。

逃避的な要素はほとんどありません。
この歌全体を聞けばそう感じますよね。
(この歌の歴史的な背景、それを知っていれば なおさらの事)

ひとつの大きな目的、目標に向う為
そして、それをかなえる為にみんなが乗り込むもの、
それがこの曲で歌われている「列車」なんじゃないでしょうか。
(この「列車」は単純に痛み、苦しみのある世界から脱出するための道具として
歌われている訳ではない。)
「列車」はある意味で団結の象徴のようにも感じられませんか。
【 2009/05/28 11:43 】

soul  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

コメント

---  ---

沖縄からいつも拝見させてもらってます。赤坂さんのヤツですよね。ぼくも仕事中の車の中で聴いて
get ready?って自分に問いかけました。あまりにシンクロしたんでコメントします。失礼しました
t  *  URL[編集] 【 2009/05/30 14:31 】
--- t さん ---

コメント ありがとうございます。
そうです、聞いていたのは赤坂さんの番組でした。
曲を聞いていて”ジーン”としてしまいましたが
(車中には私ひとりだったのでよかったです、少し泣きそうになりましたからw)
私も自分に問いかけることを忘れず日々過ごしていきたいと思っています。

稚拙なブログですが、お時間ある際にはまた覘いていただければ嬉しいです。
ありがとうございました。
TK  *  URL[編集] 【 2009/05/31 00:03 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)