音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Wives And Lovers

バカラック&デヴィットがプロデュースした
ディオンヌ ワァーウィックのアルバムではこれが一番良いかも。

「The Sensitive Sound Of~」
キングストンに住んでいた時に アールから貰ったアルバムですw。
ジャケはボロボロだけど、盤は磨いてたらいい音で鳴るようになりました。
Image155_convert_20090618143301.jpg
有名なドラム ブレイクが入っているB面の一曲目「You Can Have Him」は
一昔前にフリーソウル界隈でも人気があったような記憶があります。

続くB面の二曲目が「Wives And Lovers」

同名の映画の為に作られた曲なんだけど、結局採用されなかった
という話が信じられません。(その映画にはそぐわなかったんでしょうけど。)
最高によくできた一曲です。

このディオンヌのヴァージョンも
めくるめく展開を演出するアレンジメント、超クールな演奏、そしてヴォーカル
どれをとっても素晴らしい。

ジャマイカでは、ジャッキー ミットゥがカバーしていますね。

スロウなザックリとしたスカのビートに、ソウルフルなキーボード。
(ホーンがアフタービートを強調、かつ増強。)

後半部で、堰を切ったように溢れだす
ジャッキーの即興演奏によるソロパートは何時聞いてもカッコイー!
【 2009/06/18 14:52 】

reggae  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

コメント

--- Wives And Lovers ---

ミットゥーさんのテイクは息子も大好きで、よくリクエストされます♪

あと日本のクラブジャズのシーンでR-Labのカバーも好きだったりします。
さすがにこちらは息子は食いついてきませんが(笑)
Wives And Loversを含む4曲入りの12インチアナログ盤にアルフォンソも
カバーをしたCharadeが収録されているのですが、こちらは少し食いつき
ましたが、やはりビバリーズの7インチのほうが大好きなようです。

http://www.dmr.co.jp/shop/g/g2041808120024/


まあれいぱぱ  *  URL[編集] 【 2009/06/18 23:12 】
--- まあれいぱぱさん ---

このジャッキーのヴァージョン、ホントにめちゃくちゃいいですよね。
何回聞いてもあきません。

R-Labもチェックしてみますねー!!
コメント、ありがとうございました!
TK  *  URL[編集] 【 2009/06/21 16:29 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)