音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Just In Time

"Free Soul"シリーズから現在発売中の
ニーナ シモン 「The Classic Of・・・」

51jIQX-dfIL__SS500__convert_20100501163058.jpg

なにしろ大量のアルバムを出しているアーティスト。
しかもライヴ盤もメチャクチャ多い。

更に言わせてもらえばね
オレも仰山、アルバム持っていますが
個人的に、率直に言って、ニーナ シモンって一部の例外アルバムを除いては
アルバム中に「うん、これは良い。」と思える曲が一曲か、二曲しか入っていないんですよ。
(語弊を承知で書けば、
”ジョン アーマトレーディング的”とでも申しましょうか、ニナの方が先輩ですけれどもw)

RCAからの「Silk And Soul」周辺の作品にしても
聞きやすいことは聞きやすいんだけど、
なんかボンヤリしているつーか、彼女独特の”ピリピリ”した感じが足りないような。
(あんまり緊張感が有りすぎても、それはそれでオレなんか困っちゃうんですけどね。
ニーナ シモンの歌だと。)

なので、
こういったアルバムは本当に嬉しいし、
意味があるアルバムだ、と思います。

独特としか言われない、彼女の音楽
滋味と野性味が共存しているかのような、
そのワン アンド オンリーな魅力にクッキリとファーカスした作品集。

さすが、の選曲です。
高橋 芳朗さんのライナーも本当に掛け値なしで
素晴らしい。


このアルバムと

ファースト アルバム「Little Girl Blue」、

そしてデヴィッド リンチの映画「インランド・エンパイア」
でも使われた名曲"Sinnerman"(”クレズマー”がミックスされている、彼女ならでは、
彼女にしかできない一曲です。)が収録されているアルバム「Pastel Blues」。

彼女の音楽が聞きたい方は
まずはこの三枚から聞きこむとよろしいのではないでしょうか。


【 2010/05/01 16:28 】

soul  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)