音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

スタンパー

ある人からレコード”スタンパー”について質問が来たので、お答えしましょう。

”スタンパー”とは、
超簡略して言うとレコードを造る時の元になる”金型”みたいなものです。
通常はA面、B面一枚ずつでペアになってます。
ジャマイカでは、このワンペアを輪ゴムか、謎のひも、みたいなもので
ゆわえてる事が多いっす。

金属製なので、当然使えば使うほど(プレスすれば、するほど)ダメージを受けます。
無理にプレスすると、ガッチリ割れる事も珍しくありません。


なので、普通はプレス枚数の多いヒット曲は何度もスタンパーを作ります。
(ひとつのスタンパーを、ずっと使っていると音が悪くなるからね。段々と。)
が!そこはジャマイカン、一筋縄ではいかない・・・
壊れるまで、一枚のスタンパーで無理やりプレスする人の方が多いでしょう。
(スタンパーを作るのにお金がかかるから。当たり前で書くまでもないんすけど・・)
ヒット曲でもそうなんだから、そうでない曲に至っては・・・

しかし、ごく稀ですが最初のスタンパーを使って長期間良い音質のレコードを
プレスし続けている例も無くは無いから、不思議。

例えば、「Golden Hen」 Tenor Sawの7インチ。(現在流通しているものは、未確認ですが)
明らかにオリジナルのスタンパーなのに(だからこそ、とも言えるけど)
ダメージの無いスゲー良い音で鳴るレコードでした。
(これ、クラッシックだし相当プレスしてると思うんだけど。
でも、意外とプレスしてなかったのかもね。有り得る話です。)

と言うわけで、
保存状態が良くて、あまりプレスしていないノーダメージのスタンパー
(これをジャマイカでは、いわゆる、ひとつの”奇跡”と言います。)
を使えば今でも良い音のレコードがプレス出来ます。

でなければ(保存状態が悪い、かなりプレスしていて消耗しているのなら)
新しい(きちんと作り直すという条件付だけど)スタンパーの方が良い音になります。
わかりますよね?

この”きちんと作り直す”というのが、又ヤッカイな問題なんだけど・・・
ジャマイカで仕事した人ならわかるはず。
だから、同じ曲のシングルでも”プレス時期によって音質が違う”という問題が出てくるんだよな。

でも、実は
スタンパーを作る前に「マスターから、ラッカーへ」という過程があって、
こっちがスタンパーより音質面では重要


なんですが・・・。長くなるので、又の機会に!

ここもチェック!

チャオ!
【 2008/04/07 20:37 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)