音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

Today Steady Go !!

先月発売されていたんですが、紹介遅くなってすみません。
全国一千万人の"Wild Mongol"ファン、"Tastee"ファンの皆さんは
既にチェック済みだと思います。

"Wild Mongol"最新作、「Today Steady Go!!」

まずはジャケットが素晴らしい!
さすが、MALちゃんです。
色使い、すごいっす。

このジャケに描かれている「フー・マンチュー」風の
いや、「キラー・カーン」風の男性に注目。
元ネタは、アメリカン・コミックのクラッシック「フラッシュ・ゴードン」の”ミン皇帝”だよね。
渋すぎw
20100910203916_convert_20101024212805.jpg

で、内容の方も凄いんです。
ミュージック・アディクトな方々&ホッコリ好きは必聴。
NEGI-Tにリスペクト!
本作は、今までのミックスで"Wild Mongol"に親しんできた方々にとっては
従来のイメージを新鮮に更新した一作、と映るかも知れません。
(オレは彼の幅広く柔軟なセンスを知っているので不思議ではないのですが)

何故なら
今回のミックス、ここ一、二年にリリースされた新譜ヴァイナルばかりをセレクト!
なので、従来の"Wild Mongol"シリーズの凝りに凝った構成はそのままなんだけれど
良い意味で、あまりそれを感じさせない
より「ストロング・スタイル」な勢いのある仕上がりになっています。
(とは言え、随所にマニアをニヤッとさせる仕掛けはあるんですがね。)

で、ミックスのメッセージ、テーマはイントロでも明らかなんですが
なにしろ、ジャマイカ産とEU産のダンスホールの混ぜ方が美味くて上手い。
11曲目までは、ブーストする重低音が全開にドライブするチューンが
立て続けにプレイされ一気にテンションが上がりまくり。
6、7曲目の「ロボットもの」なんか"Wild Mongol"の真骨頂ですよね。
何処からこういうの探してくるんだろう。何時もながらですが、感心させられます。



そして
"You Don't Care"等のリメイクトラックをテンポよくポンポンとミックスしてから
"Golden Hen"~"Boops"~"Stalag"へと繋ぐ手際の鮮やかさ。
でもって、そこから先が怒涛の"Sleng Teng"攻撃!
「Creation」レーベル(Youth Promotion)の変則"Sleng Teng"を思わせる26曲目
~"Computer Sleng Teng"~快速"Jump Up"系ベースラインの変形"Sleng Teng"で
一気に捲り、"Come down"リメイク~"Poco"(Kou Koung Koung)へ。
ヤバいでしょ。
でもまだまだ加速!
それまでのトラックの流れから(元オケの)時系列をたどるように、
往年のデイブ・ケリー傑作リズムを継承したブランニューをジャグリングして
ビヨンセ「Listen」のジャマイカなまりヴァージョンと言えそうな41曲目にスイッチ。
(この歌は最高です。)
見事な着地。素晴らしい。
20101004170708_convert_20101026181110.jpg

ここ迄で、もう充分過ぎるほどにエキサイティングで満足なのに
最後半の選曲が染みるんだな~。

45曲目からアウトロまではタニアから、現在進行形のルーツ・ロック・レゲエに展開。

このラスト迄、特にラスト5曲は 
歌が、リリックが「スッ」と心に入ってきます。本当に。

MCで声高くアピールしなくても(しないほうが、かな?)
良い曲を良い流れでミックスすることでメッセージはしっかりと伝わるんです。
(楽曲を理解したうえでの確固とした意思と意図があれば)

また、音楽や歌が持つ力
それは(時に、図らずも)自分の思いをより真摯に伝えてくれるし
それは深いところまで届くのだ、と私は思います。(偉そうですみません。)
誰にでも出来ることではないですが。

なので、だからね
最後のサッチモ「What A Wonderful World」のカバーが効くんですよね。
しみじみと。

(「What A Wonderful World」の歌詞について書かれている
素晴らしい文章を見つけたので、是非読んでください。
ここをクリック。

え~、長々と頼まれもしないのにライナー調の文章をつらねましたが、
本当にこのミックスは最高なので聞いてみてください。
新譜ヴァイナルが少なくなっても、センスと聞く耳が良ければ
これだけ面白いものが出来る、ということを実証した力作です。

ダンスホール ファンには特に聞いて欲しいのだが、
それ以外の面白い音が好きな音楽愛好者にも全面的に推薦します。

おっと、写真載せておきましたがTシャツもでてますよ!
ファンならマストでしょ。
【 2010/10/26 17:27 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)