音楽誌等に色々書いてる石川貴教のブログ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

House Of Leo

懐かしいの見つけたので、のっけときます。

ちなみにこの映像で
いきなり出てくる、当時のダンスホール ファッション風の
強烈な服を身に付けた白人女性は ”スリッツ”のアリ・アップさんです。
 R.I.P.
信じられない人、多いでしょうが本当です。
この方、ほぼ毎週 "House Of Leo"のストーン・ラヴに来てましたよ。
(オレもほとんど毎週行っていたからホントの話です、これはw)
ダンスホール大好きだったんですよね。見ればわかるけど。

でも、レゲエファンはアリ・アップさんを知らないですよね。
特に80年以降に生まれた人は。
いや、別に知らなくたって全然かまわないんですが。
オレもあのデカくてド派手な、いつもダンスにいた白人女性が
(失礼。当時、日本の女性でもダンスで同じくらいエグイ格好していた人いましたよねw)
アリ・アップさんだったんだ、と気がついたのは日本に帰国して暫くたってからでした。

とにかく、アリ・アップさんはこの頃、
九十年代にイギリス、ヨーロッパで人気だったインチキDUB、
または「ダビー」(笑)なナンチャラ方面に行かず
ダンスホールに熱中、現場で遊んでいた、んですね。
もうこの頃、既に行くとこ行けば ”カリスマ”的な扱いを受けていたのでしょうけれど、
そんなことは眼中になかったんでしょう。
この人は凡百のイギリス人アーティストと決定的に違う人物だったんですね。
ジャマイカ音楽が本当に好きだった、というのと共に
音楽の本質を聞き分けられて、それをトコトン楽しめる人だったのだと思います。





Image263_convert_20101109090053.jpg

【 2010/11/08 22:11 】

reggae  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)